実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏に新作を出します

おはようございます!
ちょっと思うところがあって、この「スポンサーサイト」を消すために更新することにしました(苦笑)。どうかご理解くださいませ。
タイトルの通り、新作を2つこの夏に出します!それまでは「ストリップ」「朱と墨」「夢と知りせば」でお楽しみくださいませ。
a.jpg

画像は私の持っているカンディンスキーの絵はがきで、18年くらい前にセゾン美術館(懐かしい…)で行われた「カンディンスキーとミュンター展」で買った物です。実物はミュンヘンのレーンバッハハウス美術館の所蔵です。

Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN
スポンサーサイト

「クオドリベット十周年記念CD-R」を出します


皆様にご報告申し上げます。
さて、1月28日より、昨年12月25日に出しました新作小説「ストリップ」ほか2作の小説を収録しましたCD-R を頒布させていただきます。

ジャケットはこちらでございます。
–Ê]type-H

拙作は電子書籍モール「Wook」または「forkN」でお求めいただけますが、クレジットカードを持っていない、あるいは番号をネットで入力するのが怖いとおっしゃる方で、深良にご住所、お名前などを知られてもかまわない、とおっしゃる方はなにとぞCD-R をお求めいただければ幸いです。
このCD-R は、コンテンツが2種類あります。ニーズに応じてお選びくださいませ。

Aパターン
小説 クオドリベット(2007年に発売された深良のデビュー作)  
   ストリップ  (2014年12月25日に発売済) 
   朱と墨    (2015年1月下旬に発売予定) 
   夢と知りせば (同上)
ブログ「深良マユミの夢の浮き橋」より、評判が良かった記事
秘密のコンテンツ ← 大人の事情でネットでは書けませんが、どうしても知りたい方は私までメッセージくださいませ。

Bパターン
小説 ストリップ
    朱と墨
    夢と知りせば

ブログ「深良マユミの夢の浮き橋」より、評判が良かった記事
秘密のコンテンツ ← 大人の事情でネットでは書けませんが、どうしても知りたい方は私までメッセージくださいませ。

今回、このように2種類作りましたのは、最近深良の作品を読むようになったので、2007年から2009年くらいの小説は読んでいない、とおっしゃる方のニーズに応えたいという思いがあったからです。また、私がデビューしたのは2007年ですが、実際に「クオドリベット」を書いたのは2005年であり、その年の時事的な話題がところどころに出てきます(笑)その年から今年はちょうど10年に当たりますので、こういう企画ものを出すにはいいタイミングかと思いました。

なお、気になるお値段ですが(笑)
Aパターンは920円(税、送料も込み)
Bパターンは820円です。
お支払いは、CD-R といっしょに同封された私の銀行口座にお振込の形になります。大変恐縮ですが、振込み手数料はご負担いただく形になります。申し訳ございません。

深良の小説世界をかいまみるまたとないチャンスです!お求めの方は、ご遠慮なくメッセージくださいませ。

メールアドレスは lovelyfox55@gmail.com です。
ご遠慮なくメールいただければ幸いです。

Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN

京都に行ってきます

おはようございます!

唐突ですが京都に旅行に行きます♪といっても、一泊しか出来ないのですが。

蓮華王院と京都国立博物館と養源院に行くのが楽しみです。
織物体験も予定しております!!!
さて、もうじき迎えのタクシーが来るので、用意しないと…ではでは!

12月25日に新作を出します!

皆様こんにちは。お久しぶりすぎる更新で恥ずかしいです(汗)
さて、このお知らせは新作についてです。
12月25日に新作小説を出します!

こちらのサイトでお求めいただけます。
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN

なお、来年1月にはあと1作の新作を収録したCD-R を発表する予定ですので、Wook folkNでクレジットカードの番号を入れるのが怖いという方は、わたくし深良マユミまで遠慮なくお申し出くださいませ。

メールアドレスは lovelyfox55@gmail.com

何とぞよろしくお願いします。
tama.jpg

↑の写真は、今年2月に行きましたモスクワの「ノヴォジェヴィチ墓地」でのショスタコーヴィチのお墓です。
尊敬するショスタコのお墓参りに行けた私は幸せ者です。
なお、深良マユミの小説は、こちらでお求めいただけます。
  ↓   ↓   ↓
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN



Traveling

こんばんは!!!大変ご無沙汰しております、深良マユミでございます。

さて、明日からロシア旅行にまいります。

行き先はモスクワとレニングラード、もとい、サンクトペテルブルクです。

ショスタコーヴィチの生まれ故郷に行くということで、わくわくしております。

27日に帰国しますね。

明日6時の電車に乗るのでこの辺で^^
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN

暮れのご挨拶

皆様こんにちは!!深良マユミです。
いかがお過ごしでしょうか?
私は正月を迎える準備に大わらわです。おせちの材料を買ったり飾り物を買ったり。
というわけで、お正月迎えのお花もつくりました。

201312271.jpg

201312272.jpg


行きつけのお花屋さんでお花を買ったのですが、なぜか紫陽花があったので、思わず買ってしまったという(笑)
「季節感が大切」な生け花の思想からいうと、すごい掟破りなんですが(大笑)たまにはこういう無茶もいいかな、と。お花の量が多かったので2つの器にいけました。1つは信楽焼で、もう1つはアートっぽい白の曲線の器です。2つをあわせてみた景色もご覧ください。

花材:五葉松、紫陽花、センリョウ、水仙、スイートピー
花器:信楽焼の四角筒型、白の陶器

201312273.jpg

元旦には水仙がもう少し咲いて、派手になるかも^^

それにつけても、今年、2013年(平成25年)は、私にとって意義深い年でした。
随分いろいろなところに旅行に行ったような(笑)1月には、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクに行って、
5月には沖縄に行って、8月には熊本に行ってます^^

来年はこれほどは出かけないと思います。作家として新しい事に挑戦するので。

その挑戦については、この記事で言及したCD-Rの動画で語ってますので、よろしければお問い合わせくださいませね!!
↓    ↓    ↓
12月3日に出るCD-R のご予約受付開始します

このCD-Rには、
小説    「宇治の橋姫」  ←すでにWook とforkNで発売済み
       「花骸(はなむくろ)」←同上
       「作りし罪も消えぬべし」←Wook では発売済み。forkNでは年明けに発売予定。
       
       
ブログ   「True love」「装飾の定義」


動画    平安王朝物語に取り組んだ理由を深良が語ります

が収録されています。

価格は税金、送料も込みで820円です^^
原則として郵送でお送りする予定なので、わたくし深良にお名前、ご住所を知られても差し支えない方、ということでよろしくお願いします。


深良マユミの作品はこちらでお求めいただけます。
↓    ↓    ↓
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN


12月3日に出るCD-R のご予約受付開始します

皆様、こんにちは。本日も作家活動のお知らせです。
「宇治の橋姫」「花骸(はなむくろ)」および、12月に発売予定の「作りし罪も消えぬべし」の3作を収録したCD-R を12月3日(水曜日)に頒布します!

内容は次の通りです。
**************************
小説    「宇治の橋姫」  ←すでにWook とforkNで発売済み
       「花骸(はなむくろ)」←同上
       「作りし罪も消えぬべし」←12月上旬に発売予定
       
       
ブログ   「True love」「装飾の定義」


動画    平安王朝物語に取り組んだ理由を深良が語ります

*******************************
このCD-R は小説が全てpdfファイルで収録されているものです。
気になるお値段は(笑)税、送料も込みで820円となります。

なお、今日より私宛に予約してくださいました方には、予約特典として、
「オリジナル絵はがき」をおつけします!!!!

絵はがきは2通りございますので、「扇」か「お花」か
いずれかお好きなほうをお選びくださいませ。
ÂÆáÊ≤ª„ÅÆÊ©ãÂß´„Äĉªñ2Á∑®---ÂéüÁîªÂä†Â∑•(Ëâ≤ÂvanjgqLjg4Pjg5cpMi5qcGd=

ehagaki.jpg



「予約された方だけ」ですよ(笑)
ご予約の方は、lovelyfox55@gmail.comまでメール頂ければ幸いです

作者としては、動画をご覧いただければ嬉しいです!!この秋、頭をひねって平安王朝小説を書いたのは、ある遠大な目的のためのリハーサルだからです!!!!そのあたりの野望(?)を全て語っております!!!

たくさんの方のお申し込みをお待ちしております。



追記:すでにWook またはforkN で「宇治の橋姫」または「花骸」をお求めの方は、お値段をそのぶんお引きしますので、お申し出ください。なお、お支払いは、わたくしが指定いたしました銀行口座にお振り込みいただく形になります。なにとぞよろしくお願いします。

Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN

新作「花骸(はなむくろ)」を発表しました

皆様、こんばんは!!!いかがお過ごしですか??

昨日、新作「花骸(はなむくろ)」をWook とforkN で発表しました!!!

花骸(はなむくろ)



花骸(はなむくろ)

by 深良マユミ
forkN


価格はいずれも220円です!


「花骸」は「宇治の橋姫」に続く、平安王朝物語です。

世にも珍しい、紫の椿の花を百夜、持って参れと時の主上に命じられた男、四位の少将。 彼はその思惑に翻弄されつつも、一生懸命に椿の花を持って帰ります。

一体、主上の思惑は何なのか???

四位の少将は、百夜つづけて椿を持って帰るという難事業を達成できるのか?
そうして、感動のラストが(笑)

「宇治の橋姫」に引き続き、物語中の和歌は、全て私が詠んだ和歌です。
和歌を読まない平安時代のキャラというのはあり得ないので、がんばりました!


何とぞ皆様にも味わっていただきたく存じます^^

なお、深良マユミの小説は、こちらでお求めいただけます。
  ↓   ↓   ↓
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN

tamamo6.jpg





新作「宇治の橋姫」を発売しました

おはようございます!
遅くなりましたが、新作「宇治の橋姫」をWook にて発売しました!!!!!!

宇治の橋姫

「衛門の督(えもんのかみ)」は、源氏物語中の重要な作中人物です。深良の描く衛門の督は、果たしてどのように生きて、どんな恋をするのか???やはり、「源氏物語」のなかの衛門の督のように、無謀な恋のために死ぬのでしょうか??

というわけで、試し読みできますので、どうかお越し下さいませ。宇治の橋姫


forkN でも、近日中に出しますので、お待ちくださいませ。深良マユミ forkN


5.jpg


なお、深良マユミの小説は、こちらでお求めいただけます。
  ↓   ↓   ↓
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN

明日より、CD-Rのお値段を改定させていただきます

皆様、こんにちは。
さて、2つ前の記事「CD-Rの価格を改定させていただきます」 でもお知らせしましたが、明日、9月3日より、「The essentials of Mayumi Fukara 」のお値段を1600円から1800円にさせていただきます。

このCD-R です。
cover.jpg

内容は:
小説   「P 座標、原点」 (原稿用紙換算83枚)
     「僕がいなくてさびしくないの」(同上  47枚)
     「うつろなかお」       (同上  80枚)
     「ロックス・アンド・チェインズ」(同上 35枚)
     「レニングラード」       (同上 50枚)
     「朧草子 雪月花星雨雲光の物語 (同上 50枚)
     「逆髪(さかがみ)」      (同上 50枚)
     「夢見ごこち」         (同上 25枚) 

エッセイ 「ガラパゴスの楽しみ」


と以上を収録してあります。


言葉をかえると、本日中にご注文されますと、1600円でお求めいただけます(笑)。

というわけで、今からでも大丈夫ですので、lovelyfox55@gmail.com までメールをお待ちしています。

なお、基本的に郵送でお送りする予定なので、わたくしに
お名前、ご住所を知られても差し支えない方、ということでよろしくお願いします。


…文章ばかりで面白くないので、写真を出しますね。先日旅行してきた熊本城です。
kumamotojyo.jpg



なお、深良マユミの小説は、こちらでお求めいただけます。
  ↓   ↓   ↓
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN

ミシェル・フーコーMichel Foucault についてのエッセイは来年にします

皆様、こんばんは。

…いやいや、このように「書きます」と言っておいてそれができないお知らせは、本当に申し訳ない限りで深くお詫び申し上げます。

こうなりました理由を説明いたしますと、「これ」と決めていたテーマに沿って構成をつくったのですが、だんだんとそのテーマが陳腐なモノに見えてきまして…


しかし、他の論点を取り上げるためには、もっと文献を読まないといけなくて、それをやったら絶対に8月には仕上がらないと判明したのです。

すなわち、自分が「こういうふうに書きたい!!!」という構成を優先するべきか、あらかじめ皆様にお知らせした期日を守るためにとにかく陳腐でもいいから書くべきか、悩んだ末に、自分が書きたい論点を優先させることを選んだということです。

本当は7月に書くべきだったのに、延期してしまい(パソコンが不調だったとはいえ)さらにこんなことになってしまい、申し訳なく思っております。

来年のいつになるかはまだ未定ですが、とにかくFoucault さんについては何らかのモノを書きますのでよろしくお願いします。

「来年」と書いた理由は、もちろん、来年がMichel Foucault の没後30周年だからですよ^^

なお、新作小説は予定通り秋に(恐らく10月から11月にかけて)最低2作発表します。


これにこりず(?)なにとぞごひいきのほど、よろしくお願いいたします。


深良マユミの小説、エッセイはこちらでお求め頂けます。

     ↓    ↓    ↓

Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN






【重要なお知らせ】CD-Rの価格を改定させていただきます

皆様、こんばんは。お暑いですがいかがおすごしでしょうか?

さて、今回ブログを書きましたのは、重要なお知らせがあるからです。

昨年10月3日に発売いたしましたCD-R 、「The essentials of Mayumi Fukara」 ですが、大変恐れ入りますが来月、9月3日(火曜日)より、お値段を1600円から1800円にさせていただきます。


このジャケットのCD-R です。
cover.jpg

内容は:
小説   「P 座標、原点」 (原稿用紙換算83枚)
     「僕がいなくてさびしくないの」(同上  47枚)
     「うつろなかお」       (同上  80枚)
     「ロックス・アンド・チェインズ」(同上 35枚)
     「レニングラード」       (同上 50枚)
     「朧草子 雪月花星雨雲光の物語 (同上 50枚)
     「逆髪(さかがみ)」      (同上 50枚)
     「夢見ごこち」         (同上 25枚)
 

エッセイ 「ガラパゴスの楽しみ」


と以上を収録してあります。

なかなか郵送料および材料費がかさんでしまいまして…恐縮です。


逆に言えば、今のご注文でしたら、1600円のお値段でお求めいただけます。

9月3日以降に私にご注文されると、1800円ですので!!!!

昨年、大好評を博した「レニングラード」「逆髪(さかがみ)」のほかに、東京の後ろ暗い犯罪者の世界を描いた「P 座標、原点」、インディーズの美人ロック歌手と、冴えない中年衣装デザイナーの、奇妙な恋物語の「僕がいなくてさびしくないの」、哲学と論理学とを語っているようだけど、実は少年少女の恋物語になっている「うつろなかお」などが収録された、深良の歩みがよーーーーーく分かる作品集であります!!!

お求めになりたい方は、lovelyfox55@gmail.com までメッセージくださいませ。

なお、基本的に郵送でお送りする予定なので、わたくしに
お名前、ご住所を知られても差し支えない方、ということでよろしくお願いします。

なお、Wook およびforkN での拙作の価格は、現段階ではあげる予定はありませんのでご安心くださいませ。

(価格を上げるときは、必ず前もってお知らせします)


深良マユミの小説、エッセイはこちらでお求め頂けます。
     ↓    ↓    ↓
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN

ということで、お花の画像などをどうぞ。
021.jpg
^023


5月8日に出るCD-Rのジャケットです

皆様、こんにちは。
新作「贋造宝石(がんぞうほうせき)」と「エウメニデス」収録のCD-Rを明日、5月8日(水曜日)より頒布いたしますよ

CD-R のジャケットはこちらです。
ganzohoseki.jpg

↑これに、「深良マユミ」と「贋造宝石」のタイトルが入ります。

CD-R の内容については、1つ前の記事をご参照くださいませ。5月8日に出るCD-Rのご予約受付開始します

気になるお値段は、税、送料込みで800円です。

なお、今日より私宛に予約してくださいました方には、予約特典として、
「オリジナル絵はがき」をおつけします!!!!

絵はがきは2通りございますので、「ミューズ川の風景」か「ルーベンスの聖母」か
いずれかお好きなほうをお選びくださいませ。

絵はがきはまだたくさんあります(笑)

ehagaki1.jpg

ehagaki2.jpg


「予約された方だけ」ですよ(笑)

ご予約の方は、lovelyfox55@gmail.comまでメール頂ければ幸いです


基本的に、郵送でお送りする予定なので、わたくしに、住所、お名前を知られても差し支えない方、ということでよろしくお願いします。

なお、「エウメニデス」についてはこちらでもお求め頂けます。
「贋造宝石」も、5月8日以降は、こちらでもお求め頂けます。
  ↓      ↓      ↓
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN


皆様からのお申し込みをお待ちしております。

5月8日に出るCD-Rのご予約受付開始します

皆様、こんにちは。本日は作家活動のお知らせがあります。
新作「贋造宝石(がんぞうほうせき)」と「エウメニデス」収録のCD-Rを5月8日(水曜日)より頒布いたします。

内容は次の通りです。
**************************
小説    「エウメニデス」「贋造宝石」
エッセイ  「誰が清姫を殺したか? 」
ブログ   「深良マユミの夢の浮き橋」 より
       ○題名
       ○Creation
 
       
二期会のオペラ「マクベス」のレビュー
**************************

このCD-Rは小説、エッセイが全てPDFファイルで収録されているもので、
気になるお値段は(笑)税、送料も込みで800円となります。


なお、今日より私宛に予約してくださいました方には、予約特典として、
「オリジナル絵はがき」をおつけします!!!!

絵はがきは2通りございますので、「ミューズ川の風景」か「ルーベンスの聖母」か
いずれかお好きなほうをお選びくださいませ。

ehagaki1.jpg

ehagaki2.jpg


「予約された方だけ」ですよ(笑)
ご予約の方は、lovelyfox55@gmail.comまでメール頂ければ幸いです


なお、「エウメニデス」についてはこちらでもお求め頂けます。
  ↓      ↓      ↓
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN


皆様からのお申し込みをお待ちしております。

追記:すでにWook またはforkN で「エウメニデス」をお求めの方は、お値段は220円ひいて580円にさせていただきますので、どうかお申し出くださいませ。

新作は5月8日に出します

皆様、こんばんは、深良マユミです。

……新作が遅れてしまうお知らせなので、今、恥ずかしいなあと思いつつパソコンに向かっています(汗汗)

ということで重要なお知らせです。現在書いている新作小説は、5月8日にWook およびforkN で出します。

同じ日に、「エウメニデス」(3月に出した小説です)と、エッセイそのほかを収録したCD-R も頒布いたします。

このCD-R につきましては、予約をされた方には特典をおつけします。近日中に予約を開始しますので、どうかブログをチェックされてくださるようお願いします。

遅れてしまうのは一応理由があります。
実はあるオペラのゲネプロに誘っていただきまして、そのゲネプロのレビューをCD-R におつけしたほうが内容が充実し、読者さんに喜んでいただけるのではないかと考えたからです。
ちなみに、そのゲネプロの日というのが4月30日ですので^^;

そうなるとCD-R を4月末に出すと言うのはもう無理な相談なので、思い切ってCD-R を出す日をずらした、という次第です。

そのオペラのタイトルはナイショです。でも、きっと、解る方には解ってしまいそうですね。

ともあれ、これまでCD-R に「オペラの感想」というのを入れたことが無かったので、ちょっと新機軸だと自負しております。あ、でも、問題は質、内容ですね^^;

さて、読んでくださった皆様のためにお花写真でも。
1.jpg

3.jpg

2.jpg

4.jpg

この写真は横浜高島屋で、今日までやっていたいけ花展示の写真です。自分のいけ花の勉強になるものもあり、そうでないものもあり(主として、使用する花が特殊すぎるとか器が特殊すぎるとか、そういう理由)。

私は、文筆業も、それ以外の芸術にも邁進したいと思います。

深良マユミの小説、エッセイはこちらでお求め頂けます。
     ↓    ↓    ↓

Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN







新作書けました

皆様、こんにちは
さて、1つ前の記事で「17日か18日に新作を出します」と申し上げたのですが…

昨日新作が出てしまいました!!! (´^◇^)なんだそれは?!

説明いたしますと…
2月24日の夕方に、アイディアが頭にぽこっと生まれてきました。せっかくだからそれを書きたいなあ、という欲求が出てきましたので、今まで書いていた作品(3月17日か18日に完成させる予定だった作品です)は横においておいて、それを先に出そう!!!と思ったからでございます。

つまり、この最新作は正味10日間で書きました!!!(^△^; 嘘のような本当のお話です。

それがこちらの作品です。

エウメニデス
エウメニデス



エウメニデス

by 深良マユミ
forkN

「エウメニデス」とは、ギリシャ神話に登場する「復讐の女神」です。
どういうタイトルにするか迷ったのですが、結局これが最も良いような気がして選択しました。

はっきりいって陰惨なお話です!!!刑務所だの自殺幇助だのストーカーだのという語が飛び交ってます!!!^^ 
深良マユミの世界と言うのは、実のところ陰惨で陰険なんだよね。あははは^^;


陰惨でもいい、面白ければ!とおっしゃる優しい方は、なにとぞお読みくださいませ。

なお、17日に出すつもりだった作品は、4月にリリースしますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

深良マユミの小説、エッセイはこちらでお求め頂けます。
     ↓    ↓    ↓

Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN







新作の発表が少し遅れます…

皆様、こんばんは、深良マユミです!!!

さて、新作を「3月アタマに」出します、とお伝えしてきましたが……

申し訳ありません!!!もう少し遅れます…
新作の発表は、3月17日か18日でございます<(_ _)><(_ _)>

書いているうちに、もう少しすみずみまで作りこみ、練り込む必要があると感じ始めました。

非常に勝手ではありますが、どうかご理解頂きたいと思います。

もう1作を4月に出すのは変更ありません。これについても発売の際にはお知らせいたします。

完成しましたら、こちらのサイトで発売いたしますのでなにとぞよろしくお願いします。

Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN


というわけで、1月に行きましたドイツ、オランダ、ベルギーの写真でもご高覧下さいませ。

ryoko1.jpg

↑ドイツのハイデルベルクの最も古いホテルです。「ホテルリッター」という名前。結構有名らしい。

ryoko2.jpg


↑この「HANNAH ARENDT」という女性哲学者はハイデッガーの弟子。一時期は恋愛関係だったとも。どうも彼女の映画がドイツで公開されるらしいですね。これは明らかに宣伝ですものね。
日本でも公開されるといいなあ^^

rykou3.jpg

↑これはベルギーのディナンという町。我ながら良い写真がとれた。ここは楽器サキソフォンの発明者である、アドルフ・サックスさんの生まれ故郷として有名。
同じツアーのお客さんの中で、サックス走者の男性がいらしていて、とても嬉しげに、幸せそうにされていました。

ryoko5.jpg

ryoko6.jpg

↑上の2枚は、ベルギーのアントワープの聖母教会のステンドグラスと、ルーベンスの絵画。さすがの美しさに感動しました。

ただ、教会の内部は、いろいろなところを修復工事ちうで、クルマや機器がその辺においてあった(笑)
ryoko4.jpg

↑アントワープの市庁舎です。1561年~1565年に建てられたルネサンス建築だそうです。

というわけで、大事なことなのでもう一度書かせて頂きます。

深良マユミの新作は、3月17日か18日に出ます。

深良マユミの小説、エッセイはこちらでお求め頂けます。
     ↓    ↓    ↓
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN






帰国しました!

皆様、こんばんは^^

わたくし、昨日(すでに、一昨日かな)ドイツ、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの旅から帰国しました@日航機。

もう、何世紀も前の教会だの大聖堂だの、お城だの、美術館だの(アムステルダム国立美術館と、クレラー・ミュラー美術館)をしこたま観てまいりました(笑)。

天気はどうやら大寒波だったようで、気温が常にマイナス○度の世界でした。20日のアントワープ観光のときが最も寒うございました。でも、「フランダースの犬」のネロ少年が観たかったルーベンスの絵を観られて感動しました。   あ、でもまだ写真をパソコンに入れてません(汗汗)。

ともかく、旅行の間、雪の中を歩いてバスに乗って、を繰り返していたとお思い下さいませ。

でも、光景は国ごとにやはり特色がありますね。オランダは、山の稜線というのがまるで見えなかったです。対照的にルクセンブルクは、まるで谷をわざわざつくったような地形のところです。
kaerteodor.jpg

↑ これは、ハイデルベルクの川の橋の補強工事に活躍されたカール・テオドールさんの銅像です。インフラって重要なんですね^^

ベルギービールは、チェリービールが美味でした。文字通りサクランボの香りがします。
あと、ホワイトビールも日本のビールとは違う、甘いけど苦い複雑な味でした。

あとでもう少し美麗な写真をお出ししますね。今日はそろそろおやすみなさい。

深良マユミの小説、エッセイはこちらでお求め頂けます。
     ↓    ↓    ↓
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN



近況

皆様、こんばんは^^
maychan.jpg

うふふふ。いきなりワンちゃんでびっくりされましたか?? こちらは、Twitterとfacebook でお近づきになったフロリダ在住の素敵なマダム(日本女性だよ)から頂いた新年のご挨拶に入っていたお写真です!!!
なんかもう、溺愛したくなる可愛さです^^ 私もこんなワンちゃんと一緒に住みたい^^
まあそれはおいて。

本日は、銀座松屋で開催中の「観世宗家展」をお友達と観に参りました。

観世宗家展

展示物は、8割が能面と装束。さすがに装束は、意匠といい織りの技術といい豪華かつ瀟酒なものでした。
そしてどれも、かなり使用されたらしく、いささか糸がほつれていたりするところが、なんとも生々しい。
わたくしは、そういう「人が思いを込めて使い込んだモノ」に何とも言えない魅惑を感じる人間です。
「シテは、この装束を着せてもらいながら、精神集中に励んでいたのだろうか」とか
「『隅田川』とか『百万』とかを舞う時、シテは自分のお母さんのことを思ったりしたのだろうか」とか、そういう妄想に浸るのが好きなのです。
ああいう文様の訪問着を着たい!という妄想をしたのはナイショ ww

まあしかし、文献とか、書状とかが少なすぎる気もしました。絶対もっと文献があると思うのですがね。江戸時代の勧進能の番組とかね。でも、ちょっとマニアックすぎるから出せなかったのかもしれませんね。

幸いお天気がよかったのできもので参りました。

ginza0110.jpg
目を閉じてしまいましたが^^;
着ているきものは紬でして、多くの方が「素敵な大島紬ね」とおっしゃってくれますが、大島紬ではありません(笑)これを買った母が断言しております。ただ、紬には間違いなく、どこの産地なのかを失念してしまったそうです。
でも確かに、柄の雰囲気がもろ、大島紬っぽいですな。私の所持しているきものの中で最愛のものです!!
帯は、博多の献上帯で、半幅帯を文庫に結んでいます。

もう少し柄がよく見える写真をば。
tamaatumewaka.jpg

こちらは名古屋帯を結んでおります。帯締めは薄い黄色。帯揚げが長くて処理にもたついております(悲しい)。
なぜきものの話ばかりしているのかというと、forkN できもののガイド本を出したからです^^



今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN



今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN

これからもきものを着て、着付けが上手にならないと、と改めて決意しました。


……そうそう、もう一つご報告することがあります。

17日からオランダ、ベルギー、ドイツに旅行に参ります!!!!

きものはさすがに着られそうにありません(涙) でも楽しみです!!ベルギービールを毎日飲んでいる自分が目に浮かびます。

深良マユミの小説、エッセイはこちらでお求め頂けます。
     ↓    ↓    ↓
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN










新年のご挨拶

皆様 あけましておめでとうございます。

ちょっと遅めの挨拶になってしまって恐縮です(汗)

では早速、お正月のお花をお目にかけますね。

syougatuhana.jpg

花材:松、白い菊2輪、チューリップ3輪、白のストック、オンシジューム
花器:ポーランド製クリスタルの壺。ポーランド製なので「ワルシャワくん」と呼ばれて私に可愛がられている。
今回は、西洋的なお花と、日本的な植物の融合を意識しました。

この写真は元旦に撮影したのですが、いまはチューリップはくた〜〜っと下向きになっていて、ちょっと悲しいです(苦笑)

そうそう、実はわたくし、皇居での一般参賀に行って参りました。

ボディーチェックとか結構厳重でしたが、しかしそれは当たり前。日本国の最高権威の御前に集まるのですから…

近くで接した天皇陛下のお声は、79歳のご老人のお声とは思えないものでした!!!生気と重厚さと品格に溢れ
たお声というのがまず第一。第二は、「全てを意思力で統率できる方の緊張感と力強さに満ちたお声」ということでした。
一緒に行ったお友達とお話したのですが「きっと日常生活そのものが、【国家の象徴】であることが前提になっているご生活なんだよね。そうでなければ、あのお声と口調はできないよね」と語り合いました。

いやいや、もうひたすら「万歳」というお言葉でこたえたくなる、そんな体験でした^^

sanga2.jpg

↑私とお友達は、宮殿にむかってかなり右のほうに陣取ったので、天皇皇后両陛下と皇族の皆様のお姿は、ほとんど見えなかったです。でもお声を聞けただけでも充分嬉しゅうございました。被災地のことを常にお考えになってくださっていることも、実にありがたいことと感じました。

sanga1.jpg

↑雲一つない綺麗な空に城の門。

sanga3.jpg

↑日の丸というのは究極のデザインだと今さらながらに思います。

皆様にも素晴らしい年が訪れますよう、お祈りしています。わたくしは、「自堕落撲滅」と「小説を4作書く」ことを今年の目標にしています(笑)

あとは、「源氏物語」について、何かちょっと書きたいなあ^^;

深良マユミの小説、エッセイはこちらでお求め頂けます。
     ↓    ↓    ↓
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。