実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩りが好き

1f851acf.JPG英語のColor は、私にはニュアンスが単一すぎてつまらない。日本語の「いろ」「いろどり」は、前者は少々男女の秘め事の匂いがして(むふ)、後者はきものの、そう、友禅染めなどの絵の具が、棚にずらりと並んでいる部屋を連想させて、小説のネタになりそうで面白い。
まあ、日常で色彩について考えるときは、洋服を選ぶときでしょうね。選ぶというよりは単に眺めるのが楽しいです。女性ならば身に覚えがあるでしょうが。

私は、肌がいわゆるブルーベースで、静脈が薄い青をしており、そのためベージュ色が全く似合わない……最近までそう思っていましたが、ちょっと考え直す出来事がありました。ファンデーションがなくなったので、新しいのをお店で買おうとしたところ、少しイエローが入っているものを勧められたのです。
えっ、と思いましたが、つけてみたらピッタリでした。ううむ、早い話が、年には勝てない(苦笑)??!色白の私ですが、顔色がくすみつつあるのですよ。仕方がないですね。まあ、今まで似合わなかったベージュが似合うようになって、良かったと思うことにします。

もっとも、私が若い頃から似合う色はグレーでして…そう、だからプロフィル写真でもグレーのジャケットを着たのです(^^)/ただ若い頃よりは、似合うグレーの種類は減りました。薄すぎるグレーだと顔色が沈んで病人っぽい。チャコールグレーがちょうど良いみたいです。
黒は、だいぶ前から、お化粧を丹念にきっちりしないとなじまなくなりました。顔が負けるのです(これも年のせい)。しかし黒は幻惑的な色なので、似合えば素敵だろうなと、憧れますね。
白も実は、周りの方は似合うと言ってくださるのですが、ちと自信がありません(^_^;)いわゆるオフホワイトやクリーム色のセーターをよく着ますが、それは純白よりは汚れが目立たないからです。純白を着るのは気合いと覚悟が要りますね。洋服を着るのに、いちいち「気合い」いれると疲れるので、きものを着たときにとっておきましょうか。純白の足袋にね♪(結局楽な方に流れるワタシ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。