実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新が滞ってしまった(汗)

こんばんは、深良マユミです!!!

皆様、いかがお過ごしでしょうか??わたくしは元気です。
この記事はほとんど、宣伝を消すための記事です(苦笑)

さてさて。

実は11月30日に増上寺に行きまして

縁山流(えんざんりゅう)聲明(しょうみょう)と雅楽の夕べというイベントを観てきました!!!会場は、増上寺の本堂の中です。以下、パンフレットより転載です。

第19回縁山流声明公演

「天地此界」「前伽陀」(附楽)
縁山流聲明の局長は関東の気風と合いまった壮大な雰囲気を持っています。今回は奥伝とされています散華の中段「天地此界」と前伽陀をお唱えします。奥伝の曲は、多彩な技巧が随所に織り込まれ、経験豊かな聲明師が勤めることになっています。


第32回雅楽会定期演奏会

第一部 管弦「黄鐘調 音取(ねとり)」「千秋楽」「越殿樂」
第二部  舞楽「北庭楽」「還城楽」「長獅子」


北庭樂は左方四人舞で婚姻の日に家の北面でこの曲を奏したと言われています。
還城楽は右方の一人舞でインドの曲として有名です。蛇を好物とする奇人が道中、蛇を見つけ喜ぶ様を舞います。


入場無料 お気軽にお越し下さい。  大本山増上寺 式師会 雅楽会

で、感想ですが

実に感動しました。聲明は、ほんの少しのハーモニーのずれがとても心地よかったですし、お念仏というもののリズムにはやはり、古来の日本人の心を平穏にする何かがあると確信しました。

雅楽は5年前に聴いたことがあるのですが、大きな違いは、演奏する皆様が僧侶と言うところ^^

あの、琵琶、ひちりき、琴の大音響は荘厳かつ天然の音にも似た華やかさと激しさがあります。

舞もパントマイムのようですが、あるときは優雅に、あるときは荘厳にという仕草の細やかさにうっとりしました。

いや〜来年も観たいと思いました!!!!!

ひたすら見つめていたので、写真を撮る暇もなかったので増上寺のまわりの写真を^^

blog1.jpg

↑これは始まる前に増上寺の本殿前で撮影しました。

blog2.jpg

↑これは終わって増上寺をでて振り返ったら、東京タワーのイルミネーションが変わっていた。

では、本日はこの辺で。お詠み頂きありがとうございました。

深良マユミの小説、エッセイはこちらでお求め頂けます。
     ↓    ↓    ↓
Web作家深良マユミの小説
深良マユミ forkN




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。