実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川フィルハーモニー第256回定期演奏会 その1

行ってきました。顔ぶれは1つ前の記事で書きましたが、セットリストを繰り返します。

チャイコフスキー  幻想序曲「ロミオとジュリエット」
ラフマニノフ    ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18
            
ピアニストのアンナ・ヴィニツカヤ嬢によるアンコール
ラフマニノフ    絵画的光景39-5
休憩を挟んで

ショスタコーヴィチ 交響曲第1番へ短調作品10
お約束の(笑)アンコール
ハチャトゥリアン  仮面舞踏会「ノクターン」
tqmq












トップの「ロミオとジュリエット」は私は初めて聴く曲なのですが(プロコフィエフだったらいやってほど聴いているんですが)とっても夢心地の旋律で、しかし最後の方で怒濤の展開になって眠気が覚めるので良いですね~
フィギュアスケートの曲としてもあまり聴かないけど、もっと使用されてもいいような気がしました。

2曲目でマエストロ現田の推す、ロシアの若手ピアニスト、アンナ嬢登場。プログラムによると1983年生まれです。

言うまでもなくラフマニノフは、自身が相当なピアニストでもありました。ピアノと言う楽器の魅惑と幻惑とをふんだんに盛り込んだ楽曲を作り、演奏するのが、自らが生きる道と心得ていたのです。

そんな音楽家の超有名曲を、若いデビュッタントのソリストはどう料理するのか??私は期待と不安と両方の思いで、演奏するアンナ嬢をひたすら、穴があく程見つめてました(苦笑)。現田さんをほとんど見ないと言う有様。で、彼女のピアノについて思った事ですが。

…技量については、もう文句なしの素晴らしさ。どんな難曲でも見事に弾きこなしそうです。
…ただ、ちょっとなんだか音自体の魅力は…???あまりにひらひらと流れていって、その流れの意味が心に残らないと言うか。

ピアニストなのですから、音一音一音の、「響かせ方」つまりどんなふうに音を作り上げれば、聴く人の心に感情が高まって、うううっと感動するか、などということは修練しているに相違ないのですが、どうも、私には、彼女のピアノは「はあ~~~」という感じにはならなかったです…好みの問題なのだと思いますが。
私は、有森博さんのピアノの方が素晴らしいと思った。

しかし、それとは別にアンナ嬢の弾く姿には、いろいろなことを考えました。
この方は、結構上半身をスイングさせて弾くのですが、これが私に「ピアノは指だけで弾くものではないのだ」という当然の事を改めて想起させました。
ピアノの鍵盤を押すことと、ピアノを弾くこととは明確に違うと、私に教えてくれたのは、お人形ピアニストの、くにこ人形氏でした。
ライブ終了しました

鍵盤を押して美しい音を出すためには、適切な場所に適切な力で指を運ぶ必要があるのです。
その場所とは、たった1カ所しかないので、ピアニストは自分でそれを探索するしかない。美しい音はそこから始まる。ただ押せば良いのではなく、自分の中に「この音を出すのだ」という目標を持っておかなくてはならない。

指を動かす神経は、結局全身の神経と連動しているのであり、その意味でピアニストとは、アスリートと全く変わりがないのです。そして、自分の中の意識、判断力を磨き上げると言う意味では、哲学者でもあろうし、多少、文筆家などとも共通しているのだということ。ピアノに没頭し、心の中に音楽しか住まわせていない、あのパフォーマーに接して、最も良く分かった事はそれでした。

まあ、しかし、意識とか判断力、と書きましたが、
ピアノの才能と言うのは、天性のものですよね…天分のある人は、一発で「適切な場所に適切な力」というのが分かると思う。
話がそれました。アンナ嬢は本当にテクニックがおありで、将来に期待したいですが、これからは、スローテンポの楽曲で、陰影とか、ずっしりとした重厚な印象とかを、探していただきたいなあ、などと私見ですが思いました。
あと、お若いのだから、ドレスは黒ではなく、綺麗な色彩のをお勧めしたいΣヾ( ̄0 ̄;ノオケの団員の中に埋もれてしまいます。

アンコールの楽曲は、スクリャービン風のピアノメロドラマ♪という趣の曲で綺麗でした。
…余りに長くなったので、その2に続けます^^;;画像はみなとみらいの夜景です。


ファイブ ブログランキング

「ファイブスタイル」のランキングに参加してます。ぽちっとして頂けると喜びます。

「深良マユミの夢の浮き橋」の樹木がありますクリックすると育つんですわ。
interFORest



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。