実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1つ前の記事についての補足説明

1つ前の記事日々是考察は、私の心理状態を、「ぼやき」として書いた記事ですが、各所からご心配のメールをいただいてしまって(例:「ブログを書いている作家が、ブログがいやだなどと書いたら中傷コメントがついてしまいます!!ダメですよ!」など)、大変反省しています。

実は、書いた後で自分でも「削除した方がいいかも…」と迷ったのです。ですが、この記事を書いていたとき思っていたことは

「自分の中のきれいごとだけを見せるというのは、生き方について考察し問題提起する『文章家』のやることではない。煩悶や不満があるというところから人間は活動するのだから、『私は煩悶も不満もありません』というふりをするのはある種の欺瞞だろう」

およそ、このようなことを考えていたのです。また、失言した、と思ったらどの文章が悪かったかをきちんと検証するのが筋であるというのが私の持論ですので、この点でも、削除するというのはよろしくない(潔くない)と結論したのです。
そして、省みると

それにしても、作家にとってブログって何でしょう? 
ときどき考えるのですよ。無料で自分の文章を人様にお見せするのは、作家(著述家)にとっては、自分の首を絞める行為ではないのか?って(自嘲入ってますねーーー)。


この文章は良くないな、と反省してます。どう良くないのかというと、軽率で不正確だからです。
不遜を承知で言うならば、現代における電脳世界と文章家との位置関係は、あまりに込み入ってしまって、文章家(特に、私のように、著作をパソコンダウンロードで販売している者)にとっては、時に

「インターネットなんてものさえなかったら、電子書籍なんてものも
存在しなくて、話が単純で楽なのに!」とため息をつきたくなる状態だからです。

しかしながら、自分の著作活動は100パーセントインターネットに依存するという状態になっておりまして、そこがまさに矛盾撞着で、常に私はそのことに、胃が痛くなるような思いをしています。それを、幾分軽率に「自嘲」という語を使って書いてしまいました。
(過去記事ご覧になられると分かりやすいかもしれません。
今後の深良マユミ


…話は変わりますが、世の中でいったいどれくらいの方が「インターネットの中の文章は、大半が無料だけれど、本当の意味で質の良い『言説』は、お金を払って読んでも良い」とお考えなのでしょうかね?

そのあたりを知りたい思いに時々駆られます。多分、世間一般では、紙の書籍こそが内容のあるものであり、紙の書籍になってない物書きの書いているものは「それなり」であるというのが定まった見解でしょう。

かくして、私は、自分の置かれた位置について、もっと達観するか、

逆にもっと怒り狂ってすごいパワーで、1月に4つくらい小説を書くかするべきなのだろうと、今感じてます。
(って、後者は無理だって!)

どちらもできずに、ただブログでぼやくというのは……それを「自分の心境に正直」と形容するか、あるいは「だだをこねていてみっともない」と形容するか…
自分は、やはり自分のことは弁護したいという思いが働きますから、「正直」と言われたいですが(笑)。それは甘いということも承知してます。

以上が「煩悶と不満」をブログ記事に出したことについての、私の補足説明です。

コメント欄でもメールでもかまいませんので、ご意見などございましたら、どうぞお寄せくださいませ。メールは、mayumifukaratamamo★livedoor.com  です(★を@に変えてくださいませ)

長文をお読みくださったことに、心から感謝いたします。



ファイブ ブログランキング

「ファイブスタイル」のランキングに参加してます。ぽちっとして頂けると嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。