実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHIBUYA, 1989-2009

248f4238.jpg今日は、母が同窓会(泊まりがけです)に行くので途中まで見送っていった。
あまり朝早くに活動しない私が、午前中に東京都内にいることは珍しいので、いろいろ用事を片付けて、ふと思い出した人は、世田谷の花屋「Blenda 」のオーナー。
彼にはだいぶ長いこと会っていない。何しろ自営業なので、アポイントメントが難しいからだ。
早速渋谷に行って、「野沢龍雲寺」経由のバスに乗る。

花屋Blenda

12時前にお店に到着したとき、Blenda の扉は堅く閉ざされていた…うぐ、やはり出かける前にHP を見て営業日を確認しなかったから、こんな目に!!
私は潔く?諦めて、Blenda の隣の定食屋さんで「刺身定食」800円を、時間をかけていただいた
熟年のご夫婦が切り回すお店は、なかなか落ち着いた風情であった。

だが、この日は何かが私の味方についていたようだ。定食屋を出て、バスの停留所に向かおうとすると、おっと、「Blenda」の扉が開いている!金髪のお兄さんが鉢植えを出しているあの彼こそが…

「きゃ~山勢さん」と歓声を上げた私を見つけた彼は、心から驚いた様子でしたが、歓迎してくれました(笑)。
********************************

彼と一通り懐旧譚などしたりして、とても心和むひとときでした。
お互いの仕事に対する態度とか、喜びとか苦労についてもたくさん語ってしまった……

自分の全集のディスクも、「Blenda 」の一角に置かせていただいたりして(苦笑)。
「深良マユミ全集」のジャケット


物書きですが営業もやります、って感じでしょうかw(゚o゚)w

山勢さん、ご親切ありがとうございますね。素敵なお花屋の一角に展示させていただくのは、とても助かります。
++++++++++++++++++++++++++++++++

花屋「Blenda 」は、最寄り駅から遠いので、私は帰りもバスに乗って渋谷へ向かった。
バスの停留所は、「自衛隊中央病院」とか「上馬」とか「三宿」などの名前で、ふと窓の外を眺めると、246号線の高架がオブジェのような姿をさらしている。

「渋谷」とか「246号線」の名詞は、渋谷にある大学に通っていた私にとっては、懐かしさをともなう地名だ。多くの友人も、東急東横線沿いに住んでいた。
世田谷から、渋谷へと向かう道沿いの、飽きもせずに建築されたビル、ビル、ビルの姿は、20年前もこうだったか? という切れ切れの記憶を私に思い出させようとする…


私が20代の頃の渋谷。その頃から雑多で猥雑で、浮かれて騒ぎたいヒトたちの聖地のような街だった。パワーだけはある若者には、それで良かった。

1989年の私は、渋谷を郷愁の思いで眺めることなどなく、ただ、浮き草のように買い物したり、映画を見たり、誰かとお酒を飲んだりしていたのだ。

都会という喧噪は、不思議で危険で、底知れない魅惑があり、若い頃の私は、それに酔っていた。

今でも酔っているかもしれないが……だが、一方で、喧噪は寂しさを伴い、危険ななにかに近寄るのは愚かなことと、多少自覚している。
都会の空々しさというのであろうか、そういうものの、面白さと汚さも、今なら分かる。
(でも、その汚さも、妙な魅力だったりする)


危険で魅惑的な大都会の物語を描くために、私は記憶の中の渋谷、池袋、その他のTokyo をいつまでも冷凍保存しておくのだろう。
描くための絵の具がなくなる日は、まだ来そうにない。


有名人ブログ「プロ/作家/アーティスト」ランキング

↑私はいつも、110位から120位をうろうろしてます

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。