実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あなたの目に美しい私だけを焼き付けてください」

能に「花筐(はながたみ)」という有名曲がある。シテは、照日の前といって、天皇として即位するために上洛した男に捨てられた女性である。捨てられた、といっても、文と、花を生ける「花筐」を、いつかは迎えにくるからと、男は彼女に残していくのだが……

照日の前は物狂いの様相で、天皇となった男の前にあらわれる。そこで彼女は舞を舞う。
この舞が名高い「李夫人(りふじん)のクセ舞」だ。

李夫人とは、漢の武帝(註:前漢第7代の皇帝)の寵姫で美貌を謳われた妃である。彼女は、病に冒されその美貌が衰えてしまったために、夫、武帝に会う事を拒み続けて、逝去した。

武帝もまた、政務も省みず夜も部屋にこもって悲嘆に暮れる…

「いかなれば漢王は 李夫人のおん別れを嘆きたまひ
朝政ごと神さびて   夜の大殿もいたずらに  
  ただ思ひの涙  御衣(ぎょい)のたもとを濡らす

また李夫人は   紅色(こうしょく)の 花の装い衰へて
萎るる露の床の上 塵の鏡の影を恥ぢて
  ついに帝に見え給はずして  去り給ふ」
 
上野の晩秋


武帝の嘆きは、なかなか収まらず、宮殿(甘泉殿、という)の壁に李夫人の画像を写させて、日ごとその姿に寄り添って暮らしたとか…

若い頃の私は、うっすらとした反発と嫌悪とを、この挿話に対して感じたものだ。
…そういうのは「愛」とは言わないだろう、と。真摯に、全身全霊である人を愛しているのだったら、今生の別れが迫っていると知れば、なんとしても愛する人に向かい合って、さようならとでも、ありがとうとでも告げるのが情愛ではあるまいか?

自分の容姿が衰えたから見られたくないから、会わずに死にます、って!?
そういうのは愛ではなくて「見栄」でしょう?

男も男だ!!!!美貌以外に女の判断基準がないってことだろうが!?

この二人は狂ってる!などと若い私は思った。

今はというと……
李夫人の焼け付くような自意識と、武帝の、フェティシズムというのであろうか、それらを多少は理解できるようになった。
「あなたは美しい」と賛美してくれる男に対して、それを裏切るようなことは、李夫人にはできなかったのだ。

美しい、あなたは美しい、その賛美だけがわたくしの生きる意味。それは現代女性には、到底賛成できない、ある意味女性蔑視な価値観だが。
でも、この二人にはそれで良かったのだ。だから男も、やつれた姿を見せないと決断した女の顔を、無理矢理見たりはしなかった。

女は死ぬ間際まで、自分の美貌のみを男が永遠に慕い続けると確信し、意識が遠のく中でも、ふと満足な笑みを洩らしたのではないか。

この男女は、はたからはどう見えようと、完璧な「愛」をつくりあげてしまった。だからこそ、言い伝えとなったのでしょう。

男女の愛は、極まると、他者からは異常な様相に見えるのかもしれません。

ところで、照日の前が、失われた男の愛を取り戻すために、なぜこの「李夫人のクセ舞」を選んだのか。
これについても、仮説があるのですが、話しだすと長いので、いずれ述べたいと思う。

画像は上野の美術館の集中する界隈。晩秋に撮影した。
有名人ブログ「プロ/作家/アーティスト」ランキング

↑私はいつも、110位から120位をうろうろしてます


ファイブ ブログランキング

「ファイブスタイル」のランキングに参加してます。ぽちっとして頂けると嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。