実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しきアジアの玉手箱@サントリー美術館

昨日は、サントリー美術館で開催中の「美しきアジアの玉手箱」に行ってきました。きものの人には300円割引とのことで、あたふたと着付してね(笑)。かなり暑さは和らいだようです。
サントリー美術館


私の目当ては、俵屋宗達の絵と本阿弥光悦の書いた和歌の絵巻「鹿下絵和歌巻」残念ながらいくつかに裁断され、前半が個人蔵になったりMOA 美術館の所蔵になったりしてまして、後半がシアトル美術館の所蔵になりました。
画集などですでに概要は見てますが、やはり本物はいいですね俵屋宗達描く、鹿ちゃんのかたちが、ほんわかと柔らかくて美しい。
愛らしいけれど、ほんの少し哀愁があります。その余白に散らし書きされた光悦の手蹟がまた素敵。

和歌は、新古今和歌集から選ばれた28首。そのうち、数え忘れましたが、8首か9首に「月」が読み込まれています。
私の愛する式子内親王のお歌。

それながら昔にもあらぬ秋風に  いとどながめをしずのをだまき

彼女らしい、情景を語る事によって、はかなくも慕わしい懐古の情をにおわせるという婉曲表現の技巧を極めた歌です。

本阿弥光悦については、生涯の様子は割と詳しく伝わっていますが、俵屋宗達については、生没年すら分かっていません。私はこれが昔から不思議で…
俵屋宗達 主要作品の解説と画像・壁紙

まさに、小説家たちに脚色されるためにいる人物のようですね


あと注目したのは、葛飾北斎の「五美人図」。階層の異なる5人の女性を1つの構図に押し込んだと言う(笑)上から、御殿女中さん、街の若い娘さん、富裕な商人の奥さん、吉原の花魁、そして本を読む年増の奥さん(まるで自分を見ているような気になった私)。
女性たちの衣装の、藍色や濃い茶色という色彩が渋い。そして襟や袖口からのぞく襦袢の緋色のあでやかさに目が行きます。「江戸」の美は、まず抑制の美なのだということがわかります。
しかし、葛飾北斎の描く女性は、一人だと特徴がないねえ~。こうやって、女性を「構図の一部」にしちゃうことで北斎さんの才能は光るんだと、個人的には思いました

チケットやポスターで使われている「烏図」も迫力ありました。
黄金色をバックに群れ飛ぶ烏たちを描いただけですが、この烏の造形が一羽一羽違うのがすごい。屏風は全てそうですが、この屏風も横から見ると、烏のグループに立体感が出て、また印象が違います

日本以外の美術品では、中国は清時代の花瓶?「紅釉瓶」に目が釘付けになりました。素晴らしく深みのある深紅の瓶です。

この色は、茜色よりは濃くて、蘇芳(すおう)色よりは薄い。現代人の感覚では、「ワインカラー」なのでしょうか。それとも「ルビー色」なのでしょうか。ともあれ、緋色ではないのね。イチゴのような赤い色に、ごくわずかに紫を混ぜた彩り…ああいう色の口紅を目の前に出されると、多分女性なら手が伸びてしまうような、誘惑的な種類の深紅

ああいう、強い花瓶にお花をいけるのは大変難しいのですが、あえてやってみたいと思いました。巨大な菊の花と、大きな枝とかを合わせたい。

はい、この展示は9月6日までです。まだ間に合います~。
次の和紙の展示にも行かないと。
サントリー美術館 開催中の展覧会


ファイブ ブログランキング

「ファイブスタイル」のランキングに参加してます。ぽちっとして頂けると喜びます

「深良マユミの夢の浮き橋」の樹木がありますクリックすると育つんですわ。
interFORest
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。