実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

September

36eff339.jpgもうじき9月になると思うと嬉しい。私は、1年の中で、11月の次に9月が好きだ。
好きと言うより、自分にとって重要なことが起こる月が9月なのだ。初めてAmerica に出発したのも9月であったし…
何人かの尊敬できる人とは、9月に初めて出会った。
そういえば、ため息が出るほど素晴らしい能公演に接したのも、9月が多い気がする。ずしーーーん、と心に響いたのは、03年9月の、片山九郎右衛門の「景清」であった(@観世能楽堂。ワキは宝生欣哉さん)。
あの舞台にいたちんまりとしたご老人は、一挙手一投足がこれみな「誰からも忘れられた、敗残の武人」であった。「21世紀の東京」なんてものを消し去った空間が、そこにはあった。

あれ以来、九郎右衛門の素晴らしいおシテぶりが見られないのは残念だ。閑話休題。
それを言うなら、このブログを開始したのも9月なのです。
ご挨拶

9月に立ち上げた理由は、第3作の「歓楽の都」が発売になるためと、これは個人的な事だが、大切な古くからのお友達が、9月が誕生月なので、そこにちなんだのでした。
昨年の9月は、本を読むのに忙しかった記憶がある。エドワード・W・サイードに興味を持って「オリエンタリズム」「文化と帝国主義」「パレスチナとは何か」を借りて読んだが、実は内容はあまり覚えていない(をい)。
正確に言うと、覚えていないという事実に、今結構ショックを受けている。
昨年9月に読んだ本で、もっとも主旨が分かりやすかったのは、この記事でとりあげている本です。
法則


これからは、読書の感想を全て書き留めようかと…記憶力が減退しているので。
ほとんど、何がテーマが分からなくなってきたので、この辺で。

画像は、まさに「大切な古くからのお友達」kyo* くんの撮られた写真。

ファイブ ブログランキング

「ファイブスタイル」のランキングに参加してます。ぽちっとして頂けると喜びます

「深良マユミの夢の浮き橋」の樹木がありますクリックすると育つんですわ。
interFORest
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。