実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法則

夏に、ある知人(男性)とメールをやりとりしていて、私はこんなことを書いた記憶がある。

「世界は法則によって動く。しかしながら、法則が効力を行使するか否かは、状況による。そして、状況がどう移り変わるかにも、本来は法則があるモノの、情報技術のあまりの発展とスピード故に、法則を解読する前に世界が動く」
いうことを、私は憶測しているのです。

その方は、私のこの珍説(?)に賛成も反対もされなかったが、リチャード・ブックステーバーの著書「市場リスク  暴落は必然か」を読むことを勧めてくださった。

この本はそれなりに長いので、まとめて紹介などはほとんど無理と思うが、第8章の「複雑性、密結合、ノーマル・アクシデント」の章は、金融商品のみならず、ある程度複雑で高度なものづくりに関わる方全てにとって「目から鱗」な内容だと思った。

要するに、安全性を高めるために、危険が起きたらそれを押さえるシステムをつくるのですよね。すなわち非常用システムをつくるというわけだ。しかし、そのシステムを働かせるために必須の装置が、もし狂ったりしたら……

そのシステムを働かせるための「必須の装置」も壊れないようにしないとね!!

って考えたくなるのが人情だが、その「必須の装置」が壊れないための機械ってのが、もし異常が起きたら……(/TДT)/

まあ、以上私の書いたことは、いささかコミカルというか、分かりやすさ優先で述べたことでして、実際書かれているのは、スリーマイル島原発事故の起きた背景だ。

まるでドミノ倒しのように、たった1つのランプの故障が、750個というおびただしい数の警報ランプの点灯(それはいかに悪夢のような光景だったろう…)に繋がる経緯を、詳細に説明してくれている。
非常用のポンプがまたたく間に自動的に立ち上がり、炉心の温度を制御しようとする叙述は、鳥肌が立ちそうな迫力。

そう、あらゆる「非常用」のものが即座に立ち上がったおかげで、逆に作動するべき人達は、事態理解に遅れを取った。
「ヒューマン・エラーと機械の故障がはからずも重なった」(253頁からの引用です)せんじつめればその2点の重なりを見抜けなかったためだった。

これはまさに皮肉なジレンマである。
危険を防ぐための「安全弁」を増やせば増やすほど、その「安全弁」の故障がもたらす恐怖がふえるとは。

そして、それは現代の「金融工学」が現在直面している状況でもある。←これ、ブックステーバー氏の言いたいことね。

多分、その方は私に「法則」を読み解く眼力を持つようにと、暗に勧めてくださったのだと感謝している。「世界」が動くスピードは早い、しかし、本当はそれに惑わされてはいけないのだと。

……あ、このシメの文は、格好つけすぎですね(^_^;)。まあ、ともあれ、「市場リスク 暴落は必然か」は、読んで後悔はしない本です。考えさせられる。
長い文を読んでくださった皆さまには、息抜きにお花をお目に掛けます。

ikebana2


ikebana1


花材は、ケイトウ、白い菊、りんどう、黄色い菊、ススキ、どうだんつつじ。
これからは栗の実なんかをいけたい。

ファイブ ブログランキング

「ファイブスタイル」のランキングに参加してます。ぽちっとして頂けると喜びます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。