実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩夏あるいは初秋

今の時期は、夏の花は終わるし秋の花はまだ入ってこなくて、中途半端なんですよね、と花屋のお兄さんは言った。

晩夏を象徴する花ってなんだろう? 難しい。なので結局、ユリの花。
08241


翌日、りんどうその他を見つけてきた。
08242

08243


秋の風情は出ているだろうか…
ところで、私は最近、足利義満に興味を持ったのでちょっと本など読んでみたのだが、彼が造営した室町通の「花の御所」のくだりに、少しにやりとしてしまった。
それは、守護大名たちが将軍義満に、四季折々の花を献上したことから名付けられたとか。
「花」と権力とが、この場合リンクしているのね。

そして、足利義満が寵愛した人物…能好きには避けて通れない人、世阿弥元清が登場する。
彼の書いた芸論は代表作が「風姿花伝」だが、他には「花習内抜書」「至花道」「拾玉得花」「却来華」など、タイトルに「花」が用いられるものが多い。
これは、世阿弥が徹頭徹尾、おのれを舞台芸術家として規定していた人物であり、その彼の目標が、観客の心に「花」をイメージさせることだったからに違いない。
「花」とは、快い驚きであったり、ひたひたと迫ってくる情緒だったり、「幽玄」と言い換えられる、心に残る何か…
ちょっとこのあたりは、まだ私の勉強が中途なので、もう少し調べたいものだ。

夕方になると、虫の音が聞こえる。晩夏の月はこころもち、綺麗に見える。
学芸大前


ファイブ ブログランキング

「ファイブスタイル」のランキングに参加してます。ぽちっとして頂けると喜びます

「深良マユミの夢の浮き橋」の樹木がありますクリックすると育つんですわ。
interFORest
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。