実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平安女流文学シリーズ 2「蜻蛉日記」後編

平安女流文学ファンは、藤原兼家に感謝感激をするべきでしょう。この人と正妻である時姫との間にできた息子が、道隆、道兼、道長の三兄弟です。
三兄弟は、権力の座を目指してしのぎを削る星の下に生まれましたが、道隆、道兼の病による早逝や、円融天皇の后であり一条天皇の母、詮子の後押しで、道長完全勝利となります。
このあたりのドラマも相当激しいですが、しかしそれは、「蜻蛉日記」の作者のひと世代後のことです。さて、兼家ですがこの人は逸話が多い。
兄、兼通と仲が悪く、病気の兄の家を素通りして激怒させたり…一条天皇の即位の日には、大極殿に血まみれの頭があるとの報告に騒がず、無事に儀式を挙行したとか。
逸話からうかがえるのは、実際的で決断が早い、怜悧な実務家の姿です。われわれからはそう映ります。
では、「蜻蛉日記」作者の眼にはどう映っていたのか?

「前編」でも少々書きましたが、兼家は、和歌を詠んで自分をあてこする妻にかなり余裕を持って対しています。上巻では五月五日の節会を見物に行きたい、と意気込む彼女に対して、「(見物の)桟敷を賭けて双六でも打つ? 」と提案しています。結果は…妻が勝ちました。

あやめぐさ おひにし数をかぞえつつ  ひくや五月の節(せち)に待たると
(節会が待ち遠しいですね、という意味の、双六に負けた「負う」と菖蒲の「おう」をかけた技巧的な和歌です)

かくれぬに おふる数をばたれか知る あやめしらずも 待たるなるかな
(桟敷の数がどうなるかも分からないのだよ、あんまり期待されてもね~)
などと、笑ってお返事するような人なのです。もちろんいい場所の桟敷が、綺麗な装飾付きで用意されていましたとさ。


しかし、この夫婦の仲は山あり谷あり。こんな可愛いエピソードもあるのに、夫婦げんかも多く、息子の道綱が泣いてしまうくらい。喧嘩の原因は、ほとんど彼女が「あなた!!どこかよそのオンナの所に行っているんでしょ。あの時姫さんのトコならまだ許します。よそには行かないでよ!」というところなのでしょうか。はっきり言って、これは言うだけ無駄…藤原一門の男は、子供が多ければ多い程政略結婚に使える、とみなしてますから。夫も言われ続けるとうんざりするでしょう。逆効果です。

それでも、兼家は作者を完全には捨てなかったのです。他のめかけなどを簡単に捨てているのに。妊娠中に飽きた女性もいるくらい。後になって作者はその女性の娘を養女にもらい受け、兼家と対面させるのです。
何が兼家を、このように誇り高くて扱いにくい、何かというとお寺に籠もってしまう妻のご機嫌を取らせたのでしょうか。

研究者、増田繁夫さんは兼家が作者に求婚した理由を、作者の父である藤原倫寧の、受領としての有能さに目を付けたのではないかと推論されています。単に美人だったから、との軽い理由ではないと。私もその説に賛成です。だからこそ軽い理由で近づいた愛人は飽きたらぽい、なのです。この男はリアリストですもの…
では、リアリストの目論見は他にもあったのでしょうか。仕事が山程ある政治家、お寺に籠もった妻はそのまま出家させればラクなはずなのに?

ここからは、全く私の自由な推理です(笑)。私は、兼家は作者に、正妻時姫腹の子や、その子女たちの「和歌の教育係」になることを望んでいたのではないか、と想像しています。作者は歌詠みとしてかなり令名があったようで、兼家の叔父、小一条の左大臣の五十の賀に屏風歌を求められています。本人もそれを誇っていたからこそ、求められて九首提供したのに、採用は二首だけだった、と憤っているのです…

まあ、教育と言っても現代とは違いますから、恐らくはテキストみたいなものを作らせようかとの腹案だったかもしれません。よく話題にされるのが「蜻蛉日記」とは、作者が何歳頃に書かれたの? ということ。明らかに、ある程度歳をとってから回顧された叙述をとっているのですが、若い頃の歌が全て、きちんと残してある。これは詠んだ和歌をメモに書いていたと思ってよいでしょう。そして、現代人は見逃してしまうのですが、実は紙というのは、当時は貴重品であったのです。
作者本人が嘆いているように「はかない、夫から顧みられない身の上」だったら、和歌を書く紙にも事欠いているはずではないかしら?

兼家は、妻となった女性が予想より頭も良く口も立つのが、ある時は面白く、ある時は「カンベンして」と思った事でしょうが、こうなったらこの妻の文才、和歌の超絶技巧を、自分の政治家生命に役立てようと思ったのではないでしょうか。だから、本当に険悪になったら必死でなだめ、もしかしたらおだてたのかも…
「いずれ、超子(冷泉天皇の后)や詮子(円融天皇の后。のちの皇太后)に宮様がお生まれになったら、あなたが手習いや歌を手ほどきなさってくれれば助かるなあ」…くくく、当時の社会慣習ではやや無茶ですが(前例がない)気が強く、頭の切れる兼家でしたら思いついても変ではない。口も上手いでしょうし。作者は、では宮様とお近づきになる将来を楽しみにしよう、と和歌を詠んで気を紛らわせたでしょう。






しかし、それは実現しなかったのです。いや実現は無茶なのが、作者にはうすうす分かっていたのですが、兼家が娘を入内させ、権勢を誇るようになって「…なんだ。このわたしの才能なんてどうでも良かったのね!?」との苦々しい認識が生まれたでしょう。かといって、再婚にはあまりに老けてしまいました。
彼女の自嘲、抑えても抑えきれない夫への執着、嫌な事もあり、しかし冷静に顧みると、優越感を持てるような事柄も多く(節会の時の桟敷のことなど)、結局、今の自分を肯定するしか道はないだろう…私は時姫さんではない…
人生は、どうしてこれほど不如意なのでしょう?

だから彼女は、自分の人生を文に表現したくなったのです。
和歌だけでは、どうしてもこの複雑な、憎しみから愛しさ、悲しさ、狂おしくなる心をぶつけるには足りなかった。思いの道筋を、ある程度説明したくなった、と言うのが近いかも。私小説風になるのは、当然のことでした。

「蜻蛉日記」が兼家との共同作品とはいえないでしょうが、この夫婦は何かを達成したのです。藤原兼家は自分の生涯も1つのドラマでしたが、妻とした女性の文学へのスイッチを押し、薪をくべて火を燃やしたのです。燃えた後の彼女は、存在しませんでした。彼女は「女主人公」として人の心に住み続けるからです。

画像は、平家納経のなかの国宝、「法華経妙荘厳王本事品(みょうしょうごんのうほんじほん)第27」です。

*次回は「枕草子」です。1月18日金曜日公開です。


いつも応援ありがとうございます(*^_^*)バナー

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。