実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「やまと絵の譜」@出光美術館

はい、お待たせしました。一昨日見に行きました「やまと絵の譜」@出光美術館の感想です
日本の美 発見2 やまと絵の譜
この展示は、実のところ作品が少なめで図録も薄いです。しかし、はまる人にははまる内容です。
私がじーーっと見てしまったのは、菱川師宣の「江戸風俗図巻」です(「図鑑」じゃないですよ 笑)。扇屋、桶屋、鏡研ぎ師、茶筅売り、という姿勢の人々の姿を描いた絵巻。
絵巻と言っても文章はないの。絵のみですが、その人物の描き分けが実に細かくて、おまけに背景の松の木、柳、そして、河に浮かぶ屋形船、という道具立てが丹念に描かれています。
緑の松の横の桜、そして流れる河の上の橋。それらは、平安の昔からこの国を彩る「絵巻」の伝統に則った構図なのです。ただ、人物は、平安朝の装束ではなく、元禄の衣装をまとい、足には草履を履き(ここ、平安の絵との大きな違い!)女は子供の手を引き、男は刀を腰に差している訳ですよ。
鮮やかで、はんなりした色彩は、江戸時代でも、化政文化の浮世絵などとはまるっきり違いますね。化政文化の浮世絵って、とにかく黒や灰色が多いでしょう?

私は前から、「平安」の美と「江戸」の美を橋渡しした絵師が、菱川師宣だと感じていましたが、やはりそれは的外れではなかったようです。いや、かぶりつきで眺めてしまいました。

岩佐又兵衛の「野々宮図」も素晴らしいと思いました。これは、光源氏が、六条御息所に会いに、野宮に赴いた情景ですが。
お供の子供をはべらせて、鳥居の下でたたずむ光源氏は、ほとんど無表情なのですが、風にあおられるすすきなどから、心の葛藤が見えるような気にさせられます。
色彩が、墨の濃淡で描かれているのは、「現実」とは違う「物語」の結界を感じさせるために選ばれたのだ、と解説文にはあります。多分それは正しいのですが、岩佐又兵衛は、源氏の心のなかの暗澹たる部分を暗示するために、あえて墨を選んだようにも思えます。それくらい、この絵の源氏は、内省的で沈鬱です。
こういう、背景の植物などに人物の心理を語らせる技量は、日本の文学者が脈々とやってきたことなのです。それを最も大胆、かつ熟練の手際で行った女流作家がどなたであったかは、もはや語るまでもないでしょう…源氏物語の作者、その人です。
いや、絵と文学の関係は、深いですわ。

その他、気に入ったのは狩野探幽の「定家詠十二ヶ月和歌花鳥図画帖」。これは、定家の歌集「拾遺愚草」のなかから、十二ヶ月の花木と鳥を描いたものです。
墨の濃淡で描かれた、萩、藤の花、桜。それらは、赤や青といった鮮烈さを拒否した、ふんわりとした風情の流水とともに配置されています。
そして、セキレイや、鶯、鴨。これがまた上手なんですよね~。
何気なく描いた筆致なのに、ものすごく巧みです、鳥の描き方が。羽根とくちばしの描き分けとか立体感とかが素晴らしい。
ううむ、この構図の余白がまたね…余白という、「何もない白」の存在が、いにしえの日本の絵には実に大きな役割を果たしてます。
人の心を彷徨わせ、酔わせ、そして抱擁するという役割でしょうか…あ、なんかこの文章は、気取り過ぎ??

ううむ、全て書いているときりがないので、このあたりにしますが、7月20日までですので、どうか早めにご覧くださいませ。
絵画と文学と、現実に生きている人間との関係性は、昔も今も人を魅了するのだと、私は思いましたね。
あら、写真がないですが、ごめんなさいね。よろしければ、出光美術館の過去記事もご覧くださいませ。

近代日本の巨匠たち@出光美術館


ファイブ ブログランキング

「ファイブスタイル」のランキングに参加してます。ぽちっとして頂けると喜びます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。