実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が美しくなるか、美しい何かをつくるか

美しい何かに、人間は無条件に魅せられるという性質がある。これはあらゆる人間にあてはまることであって、だから芸術作品を、みんながこぞって鑑賞したがるのだと思う。

女性である私は、この「自分が美しくなるか」の方面を無視することなく、若い頃からいそしんできたが、ある時期に気がついた。

「お洋服で着飾るのは、『自分が美しくなる』のとは違うな。着飾るのは『自分があたかも美しいかのように錯覚させる』だよね」と。
それを感じたのは、25歳のときだった。

「自分が美しくなる」を徹底させようとすれば、身もふたもないが、もともとの肉体と顔貌とを理想の形に近づける術をほどこすところに行き着く。

ダイエットや歯列矯正は良くて、整形手術はいけないこと、と私には言い切れない。女性にとっては、自分の見た目の美しさは人生の重大事だからだ。
…だけど、やり過ぎは良くないけどね…お肌の白くなったアメリカ人歌手さんの例を出すまでもなく。

話がそれた。

人間が美しいものに魅せられるのは、多分にエロチックな欲望がからんでいる(はずだ)。
つまり、美しいものに自分が同化したいのである。少なくとも私はそうだ。

すなわち、美しいものを作りたいと願う人間は、「自分の分身」である作品に、誰かが「同化したいよ!!」と思ってくれるのを夢見てつくっている………
え?なんだかややこしいですね(苦笑)

ちなみに、私は自分を、美しい物の創造者だとは見なしていない。理由はここに述べています。
ダイレクトな美と迂遠な美

私は、創造者というよりは、案内人に近いのかもしれない。「美の概念」の案内人。
案内する人間であるけれど、同時に、迷宮の中を探りながら進んでいるという実感がある。人の五感は、どうすれば「美」を感じてくれるの? どうすれば私の文章に魅了されるの?

そんな、思索というにはあまりに抽象的な推測をして日が暮れる。

ところで。

日が暮れてゆく空に似合う音楽は、私だったらこれです。スクリャービンの
「Etude opus 8」。エフゲニー・キーシンでどうぞ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。