実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞音曲@紀尾井ホール

0d94e57d.JPG楽しみにしていました、亀井広忠と、他の有名どころの皆さまのお囃子、舞囃子を聴いてきました@紀尾井ホール。曲目は次の通り:

素囃子「道成寺組曲」
舞囃子「融 酌之舞」←シテは谷本健吾さん
舞囃子「安宅 延年之舞」←シテは観世喜正さん

休憩をはさんで

大鼓 一調「勧進帳」←謡う人は山崎正道さん
居囃子「松風」
舞囃子「邯鄲 盤渉(ばんしき)」←シテは味方玄さん

たまにはこういうもの良いですねえ。やはり能は、少々ブンガクテキなことを考えてしまうけれど(求塚のうないおとめの心境は~とか、熊野の朝顔って、本当は何者?とか)ひたすら音の諧調に心を遊ばせるのは、心が愉快になります。
まあしかし、亀井広忠さん…すべての曲をお打ちになるなんて重労働ですよ。
何しろご本人が、合間のおしゃべりでおっしゃいました。「…いや、我ながらすごい番組を組んでしまって後悔…(^_^;)し、してません!!」とね(暴露しちゃった)。

すごい番組…そうですね。トップの「道成寺組曲」は、能のシテの運動量と気迫を最大限に引き出す音楽でないといけないので、緊迫感が問われます。発狂しそうなエネルギーのぶつかり、というのかしら。それくらい、情念にとりつかれてないとね、道成寺は。もう文句なしに「ああ、能の道成寺はこれだ~」と思わせてくれました。

「融」も「安宅」も、非常にスタンダードにいいものを見せてくれました。
言い忘れてましたが、舞台上には、あの能舞台の正方形のカタチに橋掛かりをプラスした板を置いてました。これで舞台寸法が役者に分かるというわけ。なかなか考えています。
しかし、大鼓という楽器の恐ろしさ…「道成寺」の時には、かーーーーんっと甲高い音が鳴っていたというのに、「安宅」の時は、だいぶ鈍くなってしまったというか、純度が低い音になりつつあるのが分かりました。本当にわずかな違いですが、奏者が名手だけに際だつのです。
なので、休憩時間には私もほっとしました(すごいことを書いてますね)。

それにしても全6曲、本当に名曲の良いところを揃えたという感じで、上手い選曲ですわ。「道成寺」は能の最高潮情念の曲だし、「融」は、貴公子エレガンスですし、「安宅」がヒロイックで神話的でしょ。
「勧進帳」は、「安宅」の弁慶が勧進帳を読み上げるところだけど、これは朗々たる語り物であり、心理劇。
「松風」は寂しい中の優美さ。フェミニンな美の曲で、「邯鄲」は、映画的なファンタジーのお話しですから、まさに、飽きない構成でくんでいらっしゃいます。

この日のベストは「邯鄲」かしら。味方玄(みかた しずか)さんって、あんなに素晴らしい舞をされるのですね~
このお話しは、男主人公の中国の青年、蘆生が、邯鄲の里にある枕でうたた寝しているウチに、人生を悟るという筋なんですが、そのうたた寝の間、彼は皇帝の位につく夢を見て居るんですわ。舞は、その栄耀栄華の喜びを表すシーンです。

本当に味方さんは、立ち姿がお美しい。扇かざしても美しい。うつむいても美しい。一挙手一投足が、豪奢な宮殿、きらびやかな皇帝、あふれる自信といったものを舞台の上に描き出しておりました。
…どれほどの修練を積んだら、あのようなものすごい表現力がつくのかしら、と思う程です…恐れ入りました。
というわけで、とってもとっても充実した舞台で満足です(^^)

ところで、亀井広忠さんって、お話しするのもお上手ですね。芸への思い、今日のメンバーの能楽師さんとの思い出話などを、快活に披露。「三響會では、弟にこき使われてます( ̄0 ̄;)\」などと話すたびに、お客さん大受けです。
…私は、彼のようなハンサムな方は、もう少し物静かなほうが良いと思いましたが、まあ好きずきですね。
このシリーズ、6月12日にもありますが、チケットは完売だそうですよ。この5日の公演は、「追加公演」。フツウ、本公演の後に「追加」なのに、本公演の前に、なぜ追加なのかは(苦笑)まあ大人の暗黙の了解??主催者さんに訊いてみますか?(笑)
画像は、能らしいのがなかったので、きものの絵柄シリーズです(^^)
能にちなんだ松もありますから、いいかな。

ファイブ ブログランキング

「ファイブスタイル」のランキングに参加してます。ぽちっとして頂けると喜びます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。