実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川フィルハーモニー第250回定期演奏会

f7e67a52.jpg昨晩は、神奈川フィルの演奏会に行って参りました。現田茂夫さんの「常任指揮者」としては最後のステージ。(4月から「名誉指揮者」になられるそうだ)ご一緒していただいたのは、例によってお友達のyurikamome さん♪
いつも良いお席をありがとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚

ガーシュインの「ピアノ協奏曲」のためのソリストは、小川典子さん後で述べますが、すんばらしい技巧と美しい音色と音楽そのものの理解の高さが喝采ものの名演だった。

セットリストは次の通り:

バーンスタイン  「キャンディード」序曲←これはたった4分の楽曲
ガーシュイン   「ピアノ協奏曲 へ調」
   休憩15分
コープランド   「交響曲第3番」 ←この曲が最も長い。45分

楽曲が全てアメリカの作曲家(指揮者)であることの意味は…
始まる前のプレトークで現田さんがお話ししてくださいました。

○本年は、横浜開港150周年です。で、開港のきっかけはアメリカから来た黒船であること。
○未曾有の経済危機は、1929年の恐慌と重なる部分が大きい。しかし、このような世界の経済危機のしばらく後で、アメリカの音楽や文化が盛大に花開いた歴史的事実から、私(現田さんね)もいろいろと考察したいと思っている。
○上記の3人の音楽家は、ユダヤ系であり、社会からの迫害なども受けた。現代もまた、人種的な溝やいさかいが残念ながら存在する世の中だが、音楽や芸術を共に追求していく仲間の間では、人種も国家も、アタマから
全くない。音楽の前では、そのようなことを考えているいとまがない。
○なので、ささやかではあるが、音楽に打ち込み、観客の皆様とともにステージを作る事によって、世界に平和の価値を広げてゆきたい。

…完全に正確ではないですが、ほぼこういったお話。
しみじみ感じ入りました。
********************************

楽曲の蘊蓄は巨匠yurikamome さんが書いてくださるでしょうから、私は素人さんらしいことを書くのに徹します
1曲めの「キャンディード」は天真爛漫な曲。これで演奏する側も、聴衆もギアが入ります。

2曲目のピアノ協奏曲へ調にはノックアウトでした。
太陽のような笑顔を振りまいて登場した小川さんのドレスは、マーメイドラインで、黒と白の派手な渦巻き模様首に黒いオーガンジーのチョーカーをふわふわと結んでいる。
この、黒白のぐるぐるの渦巻きは、「New York の喧噪」の視覚化なのだと、すぐに分かりました。あの都会はあまりにも派手なので、色彩で表すと、逆に黒白しか似合わない。一流ピアニストは、衣装もひと味違います。

楽曲は、あーやっぱりスイングじゃな~本当、このスイングが気持ちいいなあ~、って。
現田さんの指揮って、すごく派手ではないけれど、要所要所を締めているんですよね。メローな箇所はより美麗に、確固とした音は、そこを際立たせる、なんだね。
私の席は前から5番目。位置はステージの下手に近いので、ピアノを弾く小川さんの後ろ姿が見えるのです。(横顔は全く見えない)右腕と背中が自在に動く有様が見えまして、まるでスポーツ選手の試合を見ているような気さえいたしました。それほどの運動量。

で、小川さんは、弾かない間も、身体が楽しそうに揺れていらっしゃるのですねもう本当に音楽にうっとりと没入しているのが分かって、私も共感しました。…私もショスタコ聴いている間は、首振ってますから(ってどうでもいいですね

で、休憩を挟んでコープランド。
長くてしかも起伏に富んだ楽曲で。山あり谷あり、人生ゲーム(おい)。
わたくしは、聴いている間、「…ここの箇所はデンバー州の山から昇る朝日だ」とか
「ここの箇所は、サンフランシスコのゴールデンブリッジのラッシュアワーの光景だ!」とか
「ここの箇所はモンタナ州の大規模な小麦畑の収穫の風景だ!」とか、
アメリカの50の州の情景を音楽化したのね!と妄想(明らかに間違っているが)して喜んでおりました(苦笑)
そんな不埒なことを考える人にとっても、すごく快い音響の世界でありまして、本当、いい音に浸りましたわだから、終わった後は手が痛くなるくらい拍手しました~
*******************************
というわけで、アンコールも、コープランドの楽曲の「金管によるファンファーレ」でございました。
この旋律は、時が時だけに、「…オバマ新大統領がこれを聴いたら、自分の就任式パレードに、神奈川フィルを指名したくなるかも」と思わせました。

つまり、聴く人に希望と活力を起こさせる音楽。
いや、これまでも素晴らしかったけれど、この日はとくに素晴らしいステージでした。現田さん、ありがとうございました

画像は、終わった後の現田さんから、お客様へのご挨拶の風景。

ファイブ ブログランキング

「ファイブスタイル」のランキングに参加してます。ぽちっとして頂けると喜びます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。