実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャケット買い…

8ac153b9.JPG昨日の「日経新聞」の読書欄で、「『ジャケ買い』広がる ビジネス書・古典で成果」という記事が載っていました。ご覧になった方も多いかと…
要約しますと、本の内容よりも、表紙(装幀)を気に入って購入なさる方が昨今増えた…画集や文芸書には、もともと見られた傾向でしたが、今ではビジネス書や古典でも、美しい、お洒落な表紙が好まれるように!!…というお話し。執筆されたのは、文化部の多田明記者です。

むむむ、携帯小説家はイロイロと考えさせられましたよ(^_^;)!私の本は電子書籍なので、表紙は「アイコン」でして、細部のニュアンスよりは、「ぱっと見」の美しさを作る必要があります。でも、私自身の好みから云えば、筆の運びまで分かるような油絵ふうの絵とか、すごく劇的な白黒写真とか、そういう装幀だったら嬉しいですねえ。見ていて幸せになります。

まあ、今までの拙作の表紙も、インパクトという意味では満足しています。「クオドリベット」のあの真っ赤なアイコンはヒットでしたね(笑)

あと、私がこの日経の記事を読んで思ったことは;
「…表紙で本を選ぶ方達がこのまま増えれば、作家よりはデザイナーとか、装幀作家さんのほうが稼ぐようになるだろうなあ。というか、デザイナーのほうが『こんなお話しは好みじゃないから表紙作ってやらない』と言い出したりして、そのデザイナーの趣味に合わせるために、編集者が作家に書き直し要求ってこともあり得る…@@;」

「挙げ句の果てに、大物装幀デザイナーの好みを知るために、作家が探偵を雇って調査始めるとか…(T_T)」ひええ~、マズイです。あたしは、探偵を雇うほど稼いでいません。今からでも、装幀の勉強を始めようかしら?(苦笑)

まあ、本は、美しいことも重要ですが、やはりお買いあげになる人は中身を吟味されているのですよね。ビジュアルだけで受けるようなものは、最初は良くてもいずれは飽きられるでしょう。結構読者は賢いですから、空疎なモノは見抜きますよ。
「面白くてためになる。そして、見た目も秀逸」それって最強の読み物ですよね。

画像は、私の愛読書を格好付けて並べたものです♪ビジュアル時代に適応への練習???(爆笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。