実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスメティックス

d49c0cc4.JPG先日の午後、つれづれに自分のメイクアップ化粧品を点検したところ、怖いことに気が付いてしまった。
私は口紅を5本持っているが、そのうちの1本は、3年前に買った物である(苦笑)減り具合は幸か不幸か、もう残りが少なくなっており、さすがにコワイぞー、と思って捨てました。

残りの4本は、今年になって買った物なので多分大丈夫…あ、1本くらいは昨年のがあるが(?)
このように、買ったときには「キレイ」と思って喜んでいたのに、次第になんだかつけるのを忘れていって、減りが遅くなって、それっきり…というメイクアップ用品があるのは、私だけなのだろうか? 

女性という性別で生きてきてウン十年、どうも私はメイクアップには適性がないというか、それほど情熱を注いでいない類の女性らしくて、アイシャドウ1つ使い切るのに2年はかかる。というか、5、6年前までアイシャドウをそもそもつけなかったのだが…

だが、若い頃からそうだったわけではない。
私の大学時代は、いわゆるバブルの直前であり、外資系のメイクアップ用品が人気で…ご多分に漏れず、私も好きだった。
もっとも気に入っていたのは、ディオールの、4色入りアイシャドウであった。名前は確か「キャトル・オンブル・クルール Quatre ombres couleurs 」だったと思う。
蓋を開けると、和菓子の和三盆にも似た四色のシャドウが横一列に並んで、それを可愛いチップで塗り塗りするのだ。
今思うと、実用品として買っていたのではなく、どうやら蓋を開けたときにあのシャドウの並びを見て「可愛い!!」という感動のために買っていたに違いない。
…で、あまりメイクアップに熱意を持たなくなったのは、多分私のお仕事歴が関係している。何しろ、塾の講師でしたからね。そして、最終的には翻訳会社のOL になったわけだが。

さて、このように、化粧品会社には喜ばしくない(笑)お客の私だが、でも、どんなお化粧品でもいいわけでは全くない。

私のメイクアップのブランドは、ほとんどサンローランで統一している。口紅も、アイシャドウも、だ。これは、「顔に似合うから」という理由ではなくて、あそこの製品はパッケージが四角なので、引き出しの中でぴっちり収まるから便利なのだ。
ただし、ファンデーションだけは、国産の製品を愛用している。Jino という通信販売の、味の素の子会社である。http://www.myjino.com/

ここのスキンケアにしてから、体調が悪いときでもお肌の調子はさほど悪くならないので、もう手放せないのです。お値段は、通販としては安くないのですがね。ここのリキッドファンデーションの上に、フェイスパウダーをブラシで豪快に(量を多めに)つけるのがお気に入りだ。

メイクアップは、外面を作ることで、内面をお披露目する行為である。

「わたし」という自分が、「女であるわたし」になるが、それだけでなく、もう少し複雑なココロの動きもある…。
毎日そんなことを思っているわけではないですがね。
コスメティックスは、なくても生活には困りませんが……心情的に困りますよね。ないとわびしいと思うの。
顔を丹念に彩るのは、「美」を求める重要な行為だから。

画像は、手持ちのサンローランのメイクアップのお品。右のアイシャドウはこの秋の新製品。綺麗なワインカラー……
そういえば、ムッシュ・イヴ・サンローランはこの6月に逝去されたのですな。
合掌。

ファイブ ブログランキング

「ファイブスタイル」のランキングに参加してます。ぽちっとして頂けると喜びます

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。