実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリー美術館「小袖 江戸のオートクチュール展」

2d756f0e.JPG始まったばかりの「小袖 江戸のオートクチュール展」に行って参りました。やはりお客様は8割が女性でした^^
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/08vol04kosode/index.html


どの「小袖」も本当に染色と刺繍のワザに溢れていて、私のような「日本のいにしえの美」に溺れている人間には、モウソウの海で溺死寸前、生命の危機状態です(おいおい)
また、このような「小袖」の図案集ともいうべき「ひな形本」が出版されたのですが、それが展示されているのも超親切です。また、衣装だけでなく、工芸品、かんざしなどの素晴らしい逸品も見られます(^^)。

それら、御所解文様、八つ橋文様といった、植物や風景、そして身の回りの所持品(例:硯、筆、香箱、兜)などを風景やお花と一緒に描いた文様を見ますと、私には、いにしえの日本人の目に映るものは、みんな「模様」「絵画」だったのかなあ、としみじみと心に問いたくなったのです。

…だって、身の回りのものを、服の模様にして着ちゃうんですよ
つまり、パソコンだの手帳だの、ケイタイだのを、服の柄にするようなものです(苦笑)。だって、筆だの硯は、当時の人にとっては、われわれの「パソコン」みたいなものですから。

もちろん、パソコンやiPhone を洋服の柄にしてはいけない、ってことはないし、先鋭的なデザイナーだったら、そんな服くらいつくるかもしれない。
しかし、現代の日本女性の皆さまが「パソコンの柄のブラウス」や「i Phone」の模様ワンピース、といわれたときに、本当に素直に「あ、それ、買いたい」なんて、楽しい予感が湧くのでしょうか(^_^;)???

何が言いたいのかというと、「いにしえ(ここでは、江戸時代)の日本人」の見ていた世界は、恐らく身の回りの全てが「意匠」=綺麗な模様だった。
室内という空間も、そこにある家具も、戦争で使う兜ですらも「模様」だった。
このような民族のつくった「絵画作品」が「工芸」とほとんど世界観が変わらないのは、当然の帰結ですね。
……今さらのようですが、とってもとっても納得致しました。見て良かったです。

前期、中期、後期と展示替えがありますので、また足を運ぶと思います。

画像は、東京ミッドタウン。いや、あの建物も日本美を上手に取り入れてますね。

ファイブ ブログランキング

「ファイブスタイル」のランキングに参加してます。ぽちっとして頂けると喜びます 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。