実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箏曲と能の夕べ「葵上」二題

ba4b924e.JPG昨日の晩は「葵上」を観てきました。ただし能楽堂ではありません。神保町にあります「共立講堂」です(共立女子大の講堂)。
「源氏物語千年紀記念」と銘打って、琴の曲「葵上」と、能の「葵上」を披露してくれるというすんごい豪華企画でした!ありがとう、千代田区!

○解説 本日の演目について  村上湛(むらかみたとう)氏 明星大学准教授
○山田流箏曲 「葵上」  箏 山勢松韻 岸邊美千賀 山勢麻衣子
             三弦 山登松和

○喜多流   「葵上」キター!!!!
         シテ 塩津哲生←名手です。一時期追っかけしてました。
         ツレ 佐々木多門
         ワキ 森常好
         アイ 高沢祐介
笛  杉信太郎   小鼓 森沢勇司  大鼓 柿原崇志 太鼓 観世元伯 
地謡  香川靖嗣 長島茂  金子敬一郎 内田成信 粟谷浩之 大島輝久
井上真也 塩津圭介
*******************************

まず、お琴プラス三味線1つの「葵上」は、40分あまりの大曲。3人の奏者がかわるがわる、歌を唱いながら弾くんですねえ~。初めて知りました歌の文句は謡曲の「葵上」の詞章をつなぎあわせたもの。面白いのは、最後まで能の「葵上」をやるわけではなく、なぜか
「♪うら~めしの~こころやぁぁぁぁ (途中略)まくらぁにたてる~やれぐるま うちのせぇかくれゆこうよぉ~♪」でオシマイなんです。
ここから劇として面白くなるのにね(笑)。実は私は、ところどころ寝てましたがとにかく、「琴って打楽器みたいなものだなあ!!」とだけは痛感。手を弦にたたきつけるんです。やや驚きました。

さて、能の「葵上」…
昨年、yurikamome さんと平塚まで見にいった「葵上」はさんざんなものでした。http://blog.livedoor.jp/mayumifukaratamamo/archives/50807018.html

最大の原因はワキ、横川の小聖が、まるっきりへなちょこだったこと。シテも後から思うと技量に問題がありました。舞がどうもね。今回はどうだったか?

……もうこれこそが「葵上」のお手本だ!!!ってくらいの素晴らしさ

おシテの塩津さん、ひさーーーしぶりに観ましたが、優美さと、嫉妬の思いで胸が張り裂けそうな六条御息所を、存分に舞で表現!!!
小袖を扇で打つ動作の1つ1つに魂が籠もっているのですよ。かつては高貴の女性と崇められていたのに、今や負け組となった女性の燃えたぎる悔しさが。

「うらぁめしのぉ こころやぁ~♪」と剛直にごごーーーっとおおいかぶさる喜多流の謡。くるり、と回って扇をさっ、と捨てる御息所。
そして葵上に見立てた小袖のところで唐織りをかついで、葵上を地獄に連れ去ろうという怨念と執念。

これでこそオカルトホラー劇「葵上」です゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆
もちろん、横川の小聖との一騎打ちも最高でしたっ。いや森さんだったら絶対へなちょこにならないと信じてましたが、思った通りとってもエラソウで強そうでした(笑)
般若の面をかけて、打ち杖を振り上げまさに悪鬼と化した御息所と、ばりばりの気の飛ばし合い!!!にらみ合い!!剣道の試合のようでした!あっちが引けばこっちが進む。
そして、バックにはずん!ずんずん!!と太鼓と鼓で神経を高ぶらせる音楽~。
これでこそ格闘技「葵上」です(?)。
最後になんとなく「成仏」しちゃう御息所ですが(笑)いや~~、もう本当に手に汗握るものを味わって素晴らしかったです~。

画像は、共立講堂の入り口です。大変お客様もいらしていて盛況でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。