実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

品川教会で天使の歌を♪

昨日は、楽しみにしていた友人のイリスさんこと、オペラ歌手の松尾香世子さんのコンサートにいって参りました。

彼女のCD 「イリス ~清らかな祈り~」からの楽曲でしたが、編曲を多少換えたヴァージョン。楽器編成は、パイプオルガン及びヴァイオリンで、これはCD と同じ。

「アメイジング・グレース」では特に編曲の違いが大きかったような気がしました。CD の楽曲の編曲は大竹くみさんなのですが、この方はオルガニストのため、無意識のうちにオルガンが主役の音楽のツクリをしていらっしゃいます。ですが、今回の橘川琢(きつかわ みがく)さんの編曲では、そのあたりを巧みに修正し、イリスさんのヴォーカルの盛り上がりを助ける音の選びをしていらっしゃるように聞こえました。

で、イリスさんの歌唱は…CD でも聞こえるとおりの素晴らしい美声 この日は、低音の深みがなかなか迫力がありました。彼女は外国語の歌詞を、恐ろしく巧みに美しく発音出来る歌手なのですが、終わり近くに唱った日本語の「浜辺の歌」が、なんともしみじみとした趣でした…
なんか、黒田清輝の描いたあの絵画「湖畔」のような、ほんの少しの憂いを含んだ雰囲気で……良かったです(*^^*)

それにしても、共演のヴァイオリニスト、木野雅之さんの演奏も素晴らしかったですね。CD のヴァイオリニストさんも、甘く華麗な音でしたが、木野さんの音はなんだかヴィンテージ・ワインのような、結構強くて幹が太いというか、古典的な感じがしました。

CD と違って、コンサートは、歌い手の千変万化する表情を鑑賞出来るあたりが興味深いです!!

イリス、松尾香世子は単なる歌手ではないと、前から思っていましたがますます確信しました。イリスさんは、女優であり声優であり、そしてある種のenchanter (魅惑する人)です。これは、練習してできるものではないです。
次はどんな舞台を見せてくれるのでしょう……楽しみです

コッソリ 打ち上げにも混ぜて頂き、品川プリンスホテルの39階にある「トップオブシナガワ」で盛り上がってまいりましたよ(*^^*)楽しゅうございました。

画像は、トップオブシナガワからの夕景。
shinagawa
Powered by PICS



ファイブ ブログランキング

「ファイブスタイル」のランキングに参加してます。ぽちっとして頂けると喜びます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。