実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冒険王・横尾忠則@世田谷美術館

ffea124b.JPG昨日は、世田谷美術館にて開催中の「冒険王・横尾忠則」展を観て参りました。
美術に興味を持つ日本人なら、避けて通れないビッグネーム、横尾氏。この展示は、「冒険」をキーワードとして、彼の画業の奥行きと、その目指すところを、改めてとらえ直そうというものです。

私にとっての横尾忠則さんは、何故か「江戸川乱歩」と結びついています。昭和44年に講談社から発売された乱歩全集、これに横尾さんのカラーイラストがついていたんですね^^
他にも2人、古沢岩美さんと永田力さんも描かれてましたが、横尾さんのあの、シュールなけばけばしさが、乱歩の世界にあまりにぴったり。あの絵は見飽きなかったです。
そう、横尾忠則ってけばけばしいよね(笑)しかし、それだけでは終わらない絵画世界が、もうーーー、まさに見る者を圧しておりました。

昨今の、でっかいアクリル絵画作品も楽しかったけれど、やっぱり私が見入ったのは
60年代、70年代の、「平凡パンチ」や「女性自身」のために描いた表紙、イラストの数々。そして、それらの原画を見せてくれるという、まことに貴重な機会!!!!

イラストができるまでには、「原画」と「色指定紙」が必要なのですね。その「色指定紙」には、綿密な色の指定の書き込みが!!
「黄赤ベタ」「金ベタ」「スミアミ50%」「白ヌキスミノセ」つまり、絵のパーツに色を塗るのは横尾さん本人ではない。なので、仔細に書き込む必要があったのですね。
色見本のカードみたいなのを、絵の周囲に貼り付けてたものもありました。作品そのものもですが、こういう「舞台裏」を見るのは私は大好き。
「三島由紀夫のレター講座」なんて、そんな連載が女性雑誌にあったのですね。そこでのイラストも、人を食っていて笑えました。でも、これは三島の答えが、もっと人を小馬鹿にしているような…

「男を褒めるという、女の最大の武器を出し惜しんだために、男色家に恋人をとられるとは…云々」なんて文句の横に、あのけば~~~~いイラストが添えてあるというのは……ユーモア???自爆??というか、三島、意地悪すぎです(^_^;)
しかし、色を施したポスターも素敵ですが、こうしてみると白黒の状態でもかっこいいなあ、と感じました。白黒でも見応えがある…それはすなわち、画面全てとして、確固としているということか。

しかし、感じたことは「お仕事量が多いなあ」ということ。ええ、60年代もですが、2000年以降に描かれた絵画も、巨大なものが…何点も何点も。

それらは、みな構図がばっちりとつくられ、人物の服のシワも丹念に再現、もちろん背景の色彩は厚く彩られ、あるモノには、蛍が飛び交うさまが、あるモノには、女性の骨盤が空中浮遊し、今まさに胎児が…その顔をあらわさんとしている。
画家の「夢」というのは奇怪で色鮮やかで混沌としているなあ、と感心しました。

…でも、本音を言いますと、60年代70年代の、あのけば~~~いイラスト、のほうが好きだな。高倉健が、日本刀持ってこっちを見ているような。
そうそう、現在「日本経済新聞」の日曜版に連載中の、瀬戸内寂聴さんの「奇縁まんだら」あれの原画も出ておりますよ。
けば~~~~い横尾が帰ってきてますね、あれには。そして、その原画、毎週1枚ずつ増えるのですって!!!(連載が重なっていくからです)
惜しいな、私。行くのが早かったみたいです!!!何故かというと、本に収められた枚数から、10枚しか増えてません(^_^;)
しかし、後になればきっと混むと思います。平日だというのに、割と盛況だったのです。「団塊の世代」らしきご夫婦から、学生さんまで、幅広く。
ちなみに、6月15日までです。世田谷美術館の周辺の砧公園は、この季節美しいです。

ファイブ ブログランキング

女性向けブログ応援サイトの「ファイブスタイル」です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。