実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏になったら和菓子を食べたい

479f4f16.JPGきものの着付けの先生から、5月に催されるお茶会(武者小路千家)のお誘いをいただき、その気になったのだが……会場がやや遠かったので:-)今回は見送るというお返事をした。
少々根性がないです(苦笑)。
お茶は大学の頃に習ったが(表千家)、ほぼ忘れてしまったので、いつか習いたいと思っている。

お茶の心はもてなしの心であり、私見では、お客様をくつろがせたい、至福の時間を持って頂きたい、という融和と平和の精神こそが、いにしえの日本の美の根本になっているからだ。つまり、茶道を極めれば、「日本の美の根底」を極めたと思っても良い。

まあ、「極める」のは、何であっても大変なことですがね。かくいうワタシは、何かを極めた、とは到底申せません。全て道の途中です。言い換えれば「勝負はこれから」(笑)。

さて、茶会にはいつかは出席したいので、お茶の手前の本なら所持している私だが、つい開いてしまうのは、「茶席のお菓子の本」です。特にお気に入りは、世界文化社から出ている「茶席で話題の銘菓」というビジュアル本
お茶のご指導は、武者小路千家の家元夫人、千和加子さんです。
四季ごとに、ふさわしい茶席の菓子が挙げられており、その優美なデザイン、なんとも雅な名前にほれぼれしてしまう。
とくに、和三盆を五色に色づけして、それを極小のサイコロ形につくって「星の雫」と名づけたお菓子職人のセンスに感動。また、老舗和菓子店「とらや」の中の文書貯蔵の部門「虎屋文庫」の、中山圭子さんによる解説も楽しい。

「虎屋文庫」についてはこちらをごらんになってね。
http://www.toraya-group.co.jp/gallery/dat_index.html

画像はお菓子とは関係ないですねえ~、日本的ですが(^^;)、私の愛用のお手紙入れのハコのデザインです。

芸術 ブログランキング

女性向けブログ応援サイトの「ファイブスタイル」です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。