実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニアチュール

2750d40c.JPG小説は、現実世界のミニアチュールなのだと思う。
そして、私はミニアチュールをたくさんつくることに、逆らいがたい魅力を感じる。どうにもこうにも、作りたくてたまらない。

問題は、たくさん作る意欲もあるが、完璧を期そうと思うあまり、あまり前に進んでいかない……というか、たくさん作りたいが、ラクもしたい(苦笑)というわがままも持ち合わせているため、今日は絵を描き、明日は能を観に行き……とまあ、遊びほうけるサガに生まれついたのだ。

でも、いいの。「遊びをせむとや生まれけむ」と「梁塵秘抄」にもあるではないの。

本当、小説が自分の中から流れ出るようになれば嬉しいですが、まあ、実際は…四苦八苦です、ええ。
「抱いてやろうか」を書いていたときは、何かがとりついてましたがね。
あの小説は、「梅奴」をヒロインに、3通りのお話しを作っていたのですが、どれも、ラストをどうするか全くイメージが浮かばなかった。それでえんえんと悩んでいたのですが。
ある日、「蝶吉」という人物を配してみたら、すとんと何かができていました。
私という物書きのの一貫したテーマ、「愛の不可能性」を、技巧を尽くして書ける体制になり、やっとのことで、「梅奴」も生きてきたのです。

ところで「抱いてやろうか」で、歴史小説を初めて書いたわけですが、なかなか勉強になった。史実と、フィクションとをモザイクのような文様にすることは、きっと小説家の腕の見せ所なのでは、と。
インタープレイには、「金融小説をいずれ」と言ってありますが(苦笑)なんだか徐々に書く意欲が薄れつつあります(^_^;)まあ~、今の私が書いちゃったら、あれですな。



「日銀総裁の愛人は鼓を嗜む美貌の小説家」とか、きっとそんなメロドラマになりますわ!!!(威張ってどうする!?)
…まあ、しかし「日銀総裁」の職も軽くなったものですけれどね。ふん(怒り)。

これ以上書くと、ブログのタイトルからどんどん離れていくのでこの辺で。
画像は、私の好きな歴史小説の1つ、中野孝次さんの「本阿弥行状記」です。日本人必読の書と個人的に思います。

芸術 ブログランキング

女性向けブログ応援サイトの「ファイブスタイル」です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。