実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ「妖精」観てきました(^^)

はい、今日は楽しみにしていたお友達の出演するオペラを観てきました!
…ワーグナーの若い頃の作品「妖精」。

妖精の女性と人間の王子のラブストーリーですが…

なんだかねえ、この王子様が軟弱で根性なしで、国を放っておいて8年間も放浪するという、バカ息子やなあ~、としょっぱなから苦笑。8年間の間、妖精の女性とらぶらぶの生活を営んでいたのですって
その妖精の女王様は、人間と恋に落ちたばっかりに、不死の命を剥奪されるわけです。そして二人はどうなる? 王子は、戦乱に陥った自分の国を、救えるのだろうか??!

…そういう波瀾万丈なお話しですから、登場人物達は、もう劇的な歌唱をここぞと披露なのよ。もう~~~~、妖精アーダも王子アリンダルも、呼吸大丈夫? なほど力の限り叫ぶ、いえいえ唱ってました。

しかし、この王子ったらダメ男で(苦笑)困難に遭うとすぐ(´;ω;`)な心理状態に陥るという、苦笑させられる男主人公でした(爆)。もう~、こんな取り柄のない主人公をつくっちゃいけないよ、ワーグナーさん。
しかししかし、王子アリンダルは駄目なヤツでしたが、演じた内山信吾さんの歌声は、素晴らしゅうございましたよ(・∀・)朗々たる美声とはまさにあのこと。
その意味では、このオペラは、まさに「演劇じゃないのよ、音楽劇なのよ」なのかもしれません。

さて、私のお友達、イリスさんこと松尾香世子さんは、実にかっこよかったですよ~。最初は、女ナポレオンのようなジャケットにブーツを履いて、深紅のマントを翻して、祖国の戦況が芳しくないこと、しかし兄さえ見つかれば国は救われる、と説いているのです。この表現力がやっぱり上手いですねえ。

後の場面では、お姫様らしいアイボリーのドレスにティアラをつけて、ふぬけになった兄のかわりに玉座に座ります。ほっそりとスリムで綺麗でした~。

アーダの大隈智佳子さんは、大変難しい役だったと思います。心理の葛藤を表現しないといけないので…おまけに歌そのものが難しい。もうすごい熱唱で、聴いていると汗が…(^_^;)

いやしかし、舞台仕掛けもいろいろあり(最後はゴンドラが天井から降りてくる 笑)、大がかりで面白かったです。

写真は、良いのが撮れなかったので文章だけでごめんなさいね

2.18追記;この公演はスカパー!で5月に放送されるそうです(^o^)私は入っているのでラッキー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。