実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから本でも読みますか

5d7c8053.JPGいや~、雪解けのなか、お出かけして結局足袋を買いました(笑)。綺麗な足袋のほうが嬉しいのでね。
本当は、浅草橋である絵画の展示を見たかったのですが、急いだのに電車に乗り遅れたりして、ちと今日は日が悪いと思ったので、あっさり断念しました。まあ、それは17日までなので余裕はあるから。

そこで、代わりに足袋を探し、前から興味のあった本をゲット、そしてレターセットやチョコレート(出た!)を買いまして満足しながら帰宅

本は「源氏物語と東アジア世界」(河添房江著 NHK 出版刊)という本です。まだ拾い読みの段階ですが、光源氏が幼い頃、父桐壺帝が、異国…高麗(こま)人と書いてあります…の人相見に、わざわざ身分を偽って占わせた。
その結果は「帝王の至高の地位に着くべき相をお持ちの方ですが、そういう方として占うと、国が乱れ民が憂える事が起こるかも知れません。
朝廷の重鎮となって、政治を補佐する方として占うと、またその相ではないようです」

という、なんか分かりづらい(苦笑)あの、有名な予言となってくるわけです。

で、著者の河添さんは、この予言を与えたのが「異国の人」であったことを重視し、作者紫式部が、光源氏を、国際的なスーパーヒーローとして造形しようと企てたのであろう、という推論をお出しになっています。
ちなみに、日本の国際的なスーパーヒーローの第一号は、誰だと思いますか??
聖徳太子、厩戸王子ですよm(_ _)m


……彼がわずか12歳の時、百済の賢者、日羅(にちら)の元におもむくと、日羅はその神人の相に驚き、ひざまづいて合掌し、「敬礼救世観音大菩薩(けいれいぐぜかんのんだいぼさつ)、伝灯東方粟散王(でんとうとうほうぞくさんおう)」と称えた……と、「聖徳太子伝歴」にあります。
なるほど~、紫式部、過去の史実を巧みに作り替えて、読者にイメージを与え人物造形しているわけです。

あ、実は私は、この本をまだ全部読んではおらず、拾い読みの段階ですが、「舶来品」(つまり、唐や、高麗、渤海国)を尊ぶ気風と、それとは逆に「倭」の、我が国固有のものがイイノダ!と思いたがる朝廷の(どうやら醍醐天皇あたりからの)スタンスのせめぎあいが、平安朝には、ずっと存在したようですね。

もしかすると、その頃の人達と、現代の私たち、あまり変わっていないかも知れませんね(苦笑)

ううう、長くなってしまいましたね。チョコの話は、また次にしますね

画像は、木瓜の花と水仙(それも花だけ!!)をいけたものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。