実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STARS ON ICE

e7072c8c.JPGはい、昨日観てきました^^代々木第一体育館にて。フィギュアスケート好きには説明不要のビッグなショー!!!
お席は「SS 席」でした。アリーナは25000円だったので、ちと辛かったのでね(^_^;)まあねえ~、アリーナだとフィナーレの時に、スケーターたちと握手とかできるから、魅力的なんだけどね!!(リンクをぐるぐると滑ってファンに愛想を振りまいてくれるのです)

わたくしは2005年1月にもやはり代々木にて観ました!その時は幸いアリーナをゲットできて嬉しかったです。あ、でも握手はしそこねました…控え目な性格が災いしてね。って、無駄口はもうやめましょうね(^_^;)では出演者リストを公開!(順不同です)

アレクセイ・ヤグディン←わたくしは彼のファン
トッド・エルドリッジ
マイケル・ワイス
本田武史
サーシャ・コーエン
佐藤有香
ジェニファー・ロビンソン
シュー・シェン アンド ホンボー・ツァオ
キョウコ・イナ アンド ジョン・ジマーマン
マリー=フランス・ヂュブレイユ アンド パトリス・ローゾン

スペシャルゲスト
高橋大輔(東京・大阪)
小塚崇彦(札幌・名古屋)
荒川静香
安藤美姫
浅田真央(札幌・名古屋)
浅田舞 (札幌・名古屋) 

荒川さんと安藤さんは、東京も札幌も大阪も名古屋も出演されるので、事実上レギュラー出演者みたいですね。いや忙しい。

あ、サプライズ・ゲスト………エフゲニー・プルシェンコ

e プラスから、「プルシェンコ出演」のメールが来たときには目を疑いました!!!
ホントウ!?って(笑)アノヒトは、STARS ON ICE の競争相手の「CHAMPIONS ON ICE 」にもっぱら出ていましたからね…
まあ~、ともかくすごい顔ぶれになったということは疑いなし。オリンピックの金メダリストが3人に??@@;豪華すぎです。

で、豪華すぎるショー(笑)の感想:
…いや~ホレボレしたのは、サーシャ・コーエンですよ~(^o^)
彼女は3つのプログラムを披露し、もうパントマイム的なカラダの動作が、見事に綺麗。ぐいっと片手をあげてポーズしてからバレエ的にふわふわとステップを踏んで行くのが、まさに蝶々のよう。そして開脚のスパイラルが、絶対ツライ姿勢のはずなのに、にっこりしながらしゅーーーーーーっと滑って行く。カラダが驚異的にやわらかいのでビールマンスピンも、素晴らしくかっこいい。オリンピックで金メダルは取り損ねたけれど、記憶に残るフィギュアスケーターであることは疑いありません。
まあ~、ホントウに綺麗でしたわジャンプの時にこけたけど、そんなのはいいのよ。

エルドリッジ、はい、彼はなんだか「座長」というのでしょうか、アナウンスはするわご挨拶はするは、もうお忙しそうでした。05年の時も出ずっぱりでしたよ~。
今回はずいぶん3枚目な演技を見せてくれまして(あんなにハンサムなのに~)そのうち映画に出演なさるかもねえ。
お忙しいと言えば、佐藤有香さんも、ファンにご挨拶とお礼にしょっちゅうリンクに出てきてました。そして自分も滑走ですからねえ。
彼女の滑りもまた、音楽と一体になった一流のショーでした。指の先まで神経を使った動きが、「職人のワザ」って感じで。普段から努力しているのでしょうねえ。

アレクセイ(ヤグディンって、言いづらいのでつい)?アレクセイはねえ…
ちょっとしか滑らなかったねえ(T_T)05年の時はかーなり大サービスで出演してたけどねえ……それだけが残念無念です。でも本田君がすいぶん出演していたからいいです。
本田君も徐々に「プロの人」っぽくなってきたようで~。エンターテインメントを意識した演劇的な動きが上手くなってきたという意味です♪
荒川静香さん♪♪ああ、私彼女を観るの4回目です(笑)しかし、金メダリストになってから観るのは初めて…
なので、どれくらい彼女の滑りが「金メダル前」から変わったのか、結構注目してました。結論から言えば:
  「技術的にはもちろん変わってない(まあ昔から素晴らしかった)。しかし、観客へのサービス精神が、めちゃくちゃ変わった」ように私には思えました(すみません、エラソウで)全ての動作を、大事に大事に行っているのですね。そして、サーシャと同じく、いつも微笑です。以前はこうではなかった。もう少しムラがある滑りをされてました。いや、やっぱり立場は人を変えるのですね。

あ~、サプライズ・ゲストのことを書かねばプルシェンコ、わたくし初めて実物を拝みました^^;彼も結構日本に来ているはずですが…感想ですか?

……やっぱりめちゃくちゃ表現力がある。ありすぎる。滑走のスピードは、以前より落ちたかもしれないですがね。
パントマイム的なカラダの使い方は、サーシャ・コーエン以上。思わずまばたきを忘れて見入ってしまいます。ステップについては、私の席はリンクより少し高いので、足元見えなくてよく分からず。
ジャンプは、素人目に見ても高さが足りず、あ、やっぱり練習してないなと(悪いけど)思いました。
…プロに転向するのでしょうかねえ? 最近は私もフィギュアのサイトを逍遙してないので、無知になってしまいました。まあ、とにかくプル君が観られるとは、びっくりしました。
そういえば、今の時間に始まっているはずですよ(^o^)日本での最後の「STARS ON ICE 」公演が…
来年も観たいですね(*^_^*)ふふふふ。

画像は、05年のプログラムと、今回のプログラムとを並べました。


応援頂けると大変嬉しいです(*^_^*)バナー






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。