実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能も好きだが歌舞伎も好きです

2613337c.JPGええ、ネタに困ったことで思い当たりました。私は歌舞伎も結構好きなのです。いや、学生の頃はむしろ歌舞伎を多く見ていましたよ。「幕見席」だと安いですからね。
能の真の面白さが分かったのは、30歳過ぎてから…それ以来歌舞伎にお金が回らなくなったのですが、時間さえあれば、毎月観たいですよ!!

しかし今年はついに1度も観ないで終わりそうで、それが残念です。そして来年は歌舞伎座は建て替えでしょう? 嗚呼辛い。国立劇場は横浜からでは遠いのよ(>_<;)

できるだけ襲名公演は観ているのですがね^^大きいところでは、市川海老蔵でしょ、中村勘三郎ももちろん観ました。あ”片岡仁左衛門は見逃しました(^_^;)辛いね。今でも痛恨です。お孫さんを楽しみにしてます(気の長い話だ 笑)。最近、市川猿之助の宙乗りが観られないのは残念でござんすよ。私は03年に国立劇場で観ましたが、あの「競伊勢物語(はでくらべいせものがたり)」は、文字通り、ど派手な皇位争いの物語で、ガイコツが集まって人間になるは内裏は炎上するは、阿鼻叫喚の(笑)お芝居でした。またああいうのを上演してくれないかなあ。

歌舞伎は、絵画、音楽、江戸の市民のその頃の嗜好や社会情勢などを絡めて観ると、なお面白いです。絵画は、もちろん浮世絵であり、写楽、歌川豊国、一勇斎国芳の、生々しい逞しい世界です。あれはブロマイドとか、トレーディングカードでしたからね、江戸の民衆には。だから江戸時代研究者が、浮世絵に目の色を変えるのですね。

私が観たのは、昨年の5月の「團菊祭」でした。市川団十郎が復帰なさった公演。夜の部だったので三津五郎の「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」海老ちゃんの「藤娘」観ましたの。三津五郎の、どもりの絵描きの演技は素晴らしかったですよ。出世への執心、口が上手くないが故にウックツしてしまって、悲観的になっちゃうあたりが。
「藤娘」は舞踊でしたが、3回くらい衣装替えしましたねえ>海老蔵。
でもやっぱり「黒手組曲輪達引(くろてぐみくるわのたてひき)」がすごかった。菊五郎の超二枚目の「助六」と三枚目の「権九郎」の入れ替わりが、なんというか超人的で…しかし、よくよく冷静に観ると、「助六」って…そんなにいい男なのかしら~(^_^;)吉原のサイコウの売れっ子が、命がけで惚れるほど(爆笑)。まあ、そういう屁理屈はおいて。

観るのも楽しいけれど、耳の快楽もありますよね>歌舞伎。
あの拍子木の音が私は好きです。ばんばんばん!!!強烈な打楽器の音にしびれる性癖は一生直らないようです(笑)。もっとも、歌舞伎では大鼓は、ほとんど活躍しません。小鼓と太鼓、そして基調をなすのは三味線。

わたくしが、2年前に早稲田の社会人講座で習った先生は、三味線が「知性よりも俗情をあらわすのに向いている」との世の中の僻言をくつがえすために、戦ってきたのだそうです。えーと、5世杵屋勘五郎(漢字がこれでいいのか、実は自信がないです)の息子さんでいらっしゃいます。うん、そういう反骨精神の方は好きです。授業は面白かったですよ…花柳界の芸者さんのこぼれ話とかね。
でも書けませんけれどね(^^)いつか小説にするつもりなので…

さて、画像は、東洲斎写楽の「二世沢村淀五郎の川つら法眼と板東善次の鬼佐渡坊」です。


応援頂けると大変嬉しいです(*^_^*)バナー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。