実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習い事 その5

76ca461e.JPG2003年から、「早稲田大学エクステンションセンター」を受講しています。毎年ではないのですがね…03年と05年に通学いたしました。
03年の資料を送って頂いたところ、カリキュラムに、当時勉強したいと思っていた、まさにドンピシャのテーマの授業があったので即、申し込んだのです。
その授業は「日本人と宗教文化」……日本人で「神への信仰」と、いささかの躊躇いもなく言える方って、はっきり言って少数ですよね。その理由は何なのか、てなことを突き詰めて考えたいと思いました。

授業は10コマ。5人の先生がおのおのの専門を、2コマづつ講義してくださるというかたちでして、輪廻思想についての講義から、日本人の葬礼の歴史をたどることで、「お葬式は仏教方式、めでたいことは神道方式」というのが、いつからできたのかをたどる講義、はたまた「王」とは元来「巫」(シャーマン)であった…などという蘊蓄を語ってくださった講義…とても興味深かったです(*^_^*)

05年の授業は「隅田川トポグラフィー」という授業でした。はい、地理のお話しではありません。要するに文学作品における「江戸」の果たした役割、そして「東京」を作家はいかに描いたかを、複数の講師たちが語ってくださる授業です(^^)。
私は当時、「クオドリベット」執筆のため、江戸情緒について、長唄や三味線について知りたかったので、この授業をとりました。三味線の師匠の授業も、実際あったからです!!

……また、実際に東京の隅田川沿いを散歩するんですよね。先生と生徒たちが。ウソじゃありません(笑)。あ、散歩自体は年に2回だけですよ。毎回行ったら事務局が大変です。
この授業は、実は現役の作家さんが講義してくださるはずだったのですが……なんと、その大先生の授業はかないませんでした(痛恨)。配偶者さまがご病気になられたとかで…(大泣)

私の尊敬する河野多恵子先生……(T_T)いつかはお目にかかりたい。

さてさて、07年も授業を受けるか迷ったのですが、鼓のお稽古というのが、曜日不定なので、断念しました。午前中の講義で、私の興味を惹くテーマの授業があれば幸運なのですが。せっかく入会金もはらったので、行きたいものです。

画像は、この2つの講義のノートと、授業の案内です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。