実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横浜人形の家」に行ってきました

dd5d92c8.JPG怒濤のように日記をアップしてますが、つまり、それは怒濤のように遊んでいるからと言う説も(笑)。昨日は山下町にある「横浜人形の家」に、お友達の女性画家、傀煕瑚(けいこ)さんと出かけました。最大のお目当ては、人間国宝に認定された人形作家、平田陽(ひらたごうよう)さんの作品です!!

平田さんの人形は、ネットや博物館のパンフの表紙などで見て、その繊細さに心がときめいていたのです。その実物の展示があるのですから、行かないわけにはいきません。実は昔の人形も、絵画と同じで保存が難しく、だから平田さんの作品も、温度の良好な秋にしか出せないのですって。貴重なチャンスです。

そして見てきた感想は……まいりました。
女性の写実的な作品が2点。中でも私は「粧い(よそおい)」と題した、黒の羅(ら)を素肌にまとって、髪をほどこうとしている日本髪の女性の人形に、こわいくらいの「タマシイ」を感じました。なんとまあ指の先まで、生あるもののように…何かが宿っています。もちろん美女として造形されていますが、その表情のちょっと、倦怠感と陶酔のまじった雰囲気が、やっぱり「生きてる…」と思わざるを得ない。

どうして、無機質の人形にここまでのライブ感を吹き込めるのか……
耳の穴まで緻密に再現したからかしら…でも、肌はよくみると、すこし黒ずんでいるのですが、それすらも妖しい。
幻惑されそうです(^_^;)

さて、お茶を運ぶからくり人形もちゃんと展示してあります。内部の機構が、ビデオで説明してあるのですが、傀煕瑚さんの言に寄れば、「ここのはそれほど大した程度ではないです」。やっぱりからくり人形は「高山」「犬山」のが高度だそうです。

平田さんの童子のお人形もしっかり見ましたが、こちらは、生きているようですが妖しいわけではなく、ただただ可憐で元気で、まさに愛しくなります。自然と可愛がりたい思いが湧きますね。
美しいもの、精魂込めてつくられたものは、本当に心の滋養になりますね。しみじみとそれを感じました。
画像は、「人形の家」の1階のショップです。リカちゃんからピカチュウまで♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。