実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画家の友人の作品を見てきました

62f4ecf8.JPG昨日は、mixi で知り合った女性画家、比佐水音(ひさ みお)さんの作品を見るべく、佐藤美術館(千駄ヶ谷にあります)に行って参りました。
比佐さんについては、彼女のブログがリンク集にあるのでご参照下さい(*^^*)

比佐さんの所属している若手日本画家のグループ「尖(せん)」の東京展が行われているのです。メンバーは12名。
佐藤美術館は、どちらかというと、ビルの中のギャラリーという趣。新宿御苑が近いせいか、都心のわりには静かです。
「日本画は、日本特有の絵の具を使えば日本画である、というマテリアルで分類される」…それは今のところそうですが、昨今では、他のジャンルの画材とのミックスも一般的ですし、「画題」を日本固有のモノに限ってしまうとしたら、描く対象が極端に制限されそうですよね。
そうなると、日本画を描こうと決めた個々の画家が、「概念としての日本」を表すために、考察して研究して冒険する、ということになる。「尖」のメンバーも恐らくそういった冒険を日々なさっていると私は感じました。

絵画というジャンルは、究極的には「情景」を、見る者の眼前に立ち上がらせるモノです。そして、それは、文学もそうなのですが、文学は読む者の脳裏に、浮かび上がらせ刻みつける。
そして「情景」は「世界」と言い換えられる。

比佐さんとのお話しは、絵画から四方山話まで、とっても楽しかったですし、勉強になりました。「勉強」と、私は今書きましたが、本当はあまりぴったりしたコトバではないですねえ…(苦笑)。もっと深いところで、なんというか表現へのスタンスを、互いに見届け合った……冗談抜きでそんな感じがします。

この展示は21日までやっております。サイトはこちらです!
http://sen2007.petit.cc/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。