実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川フィルハーモニー第262回定期演奏会

1つ前の記事でふれました、神奈川フィルの演奏会の感想です。

セットリストはマーラーさんの曲。ただ1曲!

交響曲第3番ニ短調

指揮:金聖響   メゾソプラノ:波多野陸美  合唱:神奈川フィル合唱団
         児童合唱:小田原少年少女合唱隊 

ohana.jpg

わたくしは、コンサート前にyoutube でマーラーの第3番を検索してさわりだけを聴いておきました(多分、そういう予習の仕方だと、本当のクラシックファンの方に怒られるだろうな
で、ホルンとトロンボーンとが鍵になる曲なのかな、と。そうしたら、いつも頂いている機関紙の「そのりて」に、ちゃんと神奈川フィルのトロンボーン奏者さんお三方のインタビューが載ってましたお三方が語るマーラーの魅力!!!興味深いです。

ご存知のように大変長大な曲ですので、文でまとめるのが難しいですが、聴いていて感じたのは、やはり楽章ごとにドラマが演じられる印象があるので、曲の変化にあわせて照明を換えると、ドラマチックで良いかもと思いました(これも怒られそうだが)。
それだけ、千変万化と言うか重層的な構成の楽曲です。

あと、私は実は常任指揮者の金さんを観るのが初めてだったのですよ!!!!神奈川フィルはしばらくご無沙汰してました。確認したら、昨年の9月からずーーーーーっと聴いてなかった。
この記事の演奏会以来です。
神奈川フィルハーモニー第256回定期演奏会その1
神奈川フィルハーモニー第256回定期演奏会その2

で、初めて拝んだ金聖響さまの指揮者ぶり…おおおお~、わたくし「ほほ~」と思いましたね!!!
この方は、私には、大画面に絵筆を走らせるフリーペインティングの画家に見えました。不思議です。現田茂夫さんも井上道義さんにも、そんな印象は持たなかったのに一度そういう風に見えると、もはや、金さんの全ての動きが、名画を仕上げようとしている画家にしか見えない(苦笑)。

しかし、指揮者とは、芸術作品の監修者なのですから、あながち「画家」と全く別人種ではないのかもしれません(と、無理矢理関連づけてみる 笑)。
あと、この日は、ホルンの音が大変良い感じでなんともいえませんでしたね~~。弦楽器も繊細で最高。

メゾソプラノの波多野睦美さんは、ロングヘアの美しい方で、ターコイズブルーのベアトップのドレスがひときわお似合いでした。
小田原少年少女合唱隊のコーラスは、難しそうな曲を見事に唱っておられて感動しました。少年少女のうちに本物の芸術作品に触れられるなんて、素晴らしい事です。

やっぱり、ときどき生の演奏を聴かないと、なんとなく五感が働かなくなりますね。偽物が本物に見えてしまうのね。
Youtube は便利だけど、それにひたりすぎると、アブナい…そういう感性を失いたくない、なんて思います。

あ、そうそう、石田泰尚さんについて私が「!!!」と思った事相変わらず、ほそーーーーくて、そして当然ながら素晴らしい音色を出されていましたが、

ちらっと見えた燕尾服の裏地が、鮮烈な赤
思わず、江戸時代の、羽織の裏に凝った模様を染めさせた若旦那を連想してしまいましたよ(笑)洒落者は裏地に凝る(笑)
私の感想などより、yurikamome さまのレビューの方が楽しめますので、どうかご訪問ください。

yurikamome の妄想的音楽鑑賞とお天気写真



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

書き落としましたが、お席は、前から18列目の、心持ち下手よりの、音響が最も良く聞こえる素敵なお席でした。yurikamome さんのお陰ですv-238

お付き合いありがとうございます

どうもお楽しみいただけたようでよかったです。
大画面に絵筆を走らせるフリーペインティングの画家ですか、大きくグルグル腕を回していましたからね。
まぁ、若さもあるでしょうし、なにはともあれ若いということはそれだけでいいことですから。

yurikamome さま

コメントありがとうございます!!!
うふふ、本当にお若いというだけで可能性が、パノラマのように広がってますからね~~。
yurikamome さんのおかげで素敵なマーラーを良いお席で聴けました!!いつも感謝です。
…5月末は、新作を書かないといけないので、やや難しそうです(痛恨)
深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。