実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イリスさんコンサート@世田谷美術館

昨日は世田谷美術館の講堂で行われた、松尾香世子さんのコンサート「Vent vert オーヴェルニュの風に寄せて」を聴いて参りました。

出演:松尾香世子(ソプラノ)  伊藤美佐(ピアノ)

司会 迫田暁子   会場装花  山勢憲一郎(Blenda)

オーヴェルニュ地方とは、六角形のフランスの国土の、真ん中よりちょい下のあたり。つまり、内陸部の田園地帯なのであります。
そこでは、きっとこのような風景と生活とが…!!!!



うううむ、わたくし↑の動画を見て、行きたくなりましたよそれはおいて。

今回、私は、ドイツ語もイタリア語もフランス語も素晴らしく流暢に発音される、イリスさんこと香世子さんが、この「オック語」という言語をどのように唱われるのかしら~、というのに興味がありました。

オック語とは、古い南仏語ですので、現代のフランス人でも話せる人はまれかと…(研究者とかをのぞくと)「正確に唱うのはかなり難しい」とイリスさんも、ブログで書かれています。

草原の香りのする歌 プレゼントのご案内も!

で、聴いてみての感想ですが…これは、本当にフランス語とはいえない言語じゃ!と。

フランス語の、あの妙に気取った感じ(笑)を綺麗さっぱり抜き取って、イタリア語っぽくしたら、この言葉の発音になるような気がしますね~。
そして、曲調がやっぱり、光と風が、ブドウ畑のなかにあふれているような早すぎない、遅すぎない適度なテンポ、ロマンチックな旋律が、生理的に快感でした

イリスさんの歌声が、こういう素朴な楽曲にも合うと言うのは新鮮でした。

まあ、彼女は見た目のたおやかさとは違って、百戦錬磨のオペラ歌手ですので^^ どのような曲であっても美しく劇的に唱えるのはある意味当然かも!!!

伊藤さんのピアノの技術も、ある時は繊細に、ある時は豪快に、って感じで感心しました!!!

もう一回聴きたいな~と思わせる、大変良いプログラム構成だったと思います。

また、今回のもう1つの目玉は、これまた私のmixi 友だちである、世田谷のお花屋「Blenda 」の山勢憲一郎さんによるステージの装花ですが…
これがすごかったよ~!

07121.jpg

↑これは全体図です。私の席はステージの上手だったのでそこから撮影。
07122.jpg

07123.jpg


07125.jpg


私はこの装花というかインスタレーションを見た時に、実に山勢さんらしいな、と思いました。
まず、樹木と葉っぱがからんだ「土台」をつくり、そのパーツのところどころに、種々の花と、実をあたかも景観のように配置して、細部の景色と、総合的に見た光景との融合をはかるという思想が、彼らしいなあと感じました。
その考えの根本には、植物とは、花だけが美しいのではなく、茎とか実とか、葉っぱとか、それこそ枯れた花でも美が宿ると言う彼の哲学があると思います(と、勝手に断言していいのか??)


それにしても、読者さんには、イリスさんのお写真をお見せ出来なくて申し訳ないです(苦笑)記事の最後に、イリスさんのお写真を見られるブログの案内をしますのでお待ちください!


ところでこのインスタレーションのお花、コンサートが終わったらばらさなくてはいけないので、お客様にプレゼント。嬉しかったです♪♪
山勢さんのブログは、link に入っているからどうかご覧下さいませね。
山勢さんのお手伝いをされたdona さまのブログも入ってます^^
「アトリエ・ル・クール フラワーレッスンとオーダーメイドショップ」という名前のブログです。

最後に、このコンサートは、「イリスコンサート事務局」さんの企画と運営によって実現しました。とっても素晴らしいプランニングに、拍手したいです。
ブログを是非お読みになってね。


イリスコンサート事務局だより

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ニュアンスの素晴らしさが伝わってきます!!

オーヴェルニュ地方という解らない事だらけだった私にも、とても解りやすく伝わりました。わたしもYouTubeの動画を見て行きたくなりました(笑)。
本当に素晴らしかったのですね~。う~~行けなかった悔し涙がぁ(T_T)(苦笑)
玉さんはもちろんの事、mixiの皆様にもお会いしたかったです。
今度は平日にやってほしいな(^_^ ;。あっ、そうすると来れない方が多くなっちゃいますね。
有休というものがつくづく欲しいと感じた玉さんの今回の日記でした。
フランス語にもいろいろあるのですね~。知見が広がりました。ありがとうございます。
(^o^)/

akira918さま

akira さん、いらっしゃいませv-344
> 本当に素晴らしかったのですね~。う~~行けなかった悔し涙がぁ(T_T)(苦笑)

いや~、やっぱりあの歌曲はメジャーではないですからあまり聴けないですよ!!!!

それもイリスさんのような技術のある歌手さんの歌で聞くのは稀です!!!

> 玉さんはもちろんの事、mixiの皆様にもお会いしたかったです。

いっぱいお見えになってましたよ~。新潟からかいじさんがお越しになってました(笑)なかはらさん、傀煕瑚さん、まるこさん、カエル姫さまもお見えになっていたし。
とにかく、よしをさんの企画の見事さに舌を巻きました。当日も大変だったでしょうね~。お疲れさまと申し上げたいです。
司会のsako さんのスーツ姿が、まるでキャスターのようでしたv-426今にも
「○○の選挙対策本部からお知らせします~v-278」ってお話ししそうでした(笑)


ありがとう(*^^*)

玉藻ちゃんにもいらして下さり
本当に嬉しかったですぅ。(*^^*)
懐かしい古くからの仲間の顔の面々
こんなに有り難いと感動した事はありません。
玉藻ちゃんも色々な表現の棚をもっているアーティスト
お互い表現者として続けて頑張ろうね☆

イリスさん(*^^*)

きゃあ~~~、わざわざのお越し、ありがとうございますv-344v-342
今回も熟練の歌声、そして、さすがのイリス語、いえ違った、音楽の背景の解説までしてくださって、お客様を大切にする姿勢に、いっそう感激しました。
これからもますます応援しますね~v-278
>玉藻ちゃんも色々な表現の棚をもっているアーティスト

(・・。)ゞ照れ照れ。自分を向上させると言うのは、本当に難しいことですね~。
でも、イリスさんみたいな一流の舞台人でも、毎日自分を磨いているお姿を見ると、自分も必死にならないと!!!とは思いますね。私も負けずに精進しようと思います^^

コメント本当にありがとうございます~v-341

素晴らしきオーヴェルニュの世界♪

コンサートにご来場下さいまして、まことにありがとうございました!!

オック語に着目されるあたり、流石は深良さんですね♪
>フランス語の、あの妙に気取った感じ(笑)を綺麗さっぱり抜き取って、イタリア語っぽくしたら

に爆笑(^o^)

お花に対する考察も素晴らしく、山勢さんの創造する世界をこれ程深く理解し、そして的確に文章で表現できるのも深良さんならではと思います。
今度、Bossとコラボで画文集ならぬ花文集でも出されてはv-238

歌とピアノとお花と、すべてにおいて楽しんでいただけて本当に嬉しい限りです。
またお目にかかれる日を楽しみにしています!

お疲れさまでした~♪

11日は、素晴らしいコンサートを楽しませていただきました~♪
mixi にも書きましたが、企画と事務と、宣伝とをほぼおひとりでされたよしをさんのお仕事ぶりには、驚きと尊敬の念を禁じ得ませんv-425
イリスさんも喜ばれているでしょうが、ファンの一人として私も大喜びしてます♪
どみんごさんや、sako さまという素晴らしい人材がいらっしゃったことも、今回の成功のもとですね!

> お花に対する考察も素晴らしく、山勢さんの創造する世界をこれ程深く理解し、そして的確に文章で表現できるのも深良さんならではと思います。

v-389果たして理解してるかな??ワタクシ(爆笑)
ただ、山勢さんとdona さんが、ティオリエさんの写真展を見てあのお花を制作したと知った時には、納得しました。あのインスタレーションは、日本的な印象があまりなく、野生の花~!樹木~!って印象が強かったからです。
しかし、会場と雰囲気とで作風を変化出来てこそ、真の花の魔術師v-344いやいや、これからも注目していきたいです^^
深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。