実践FXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日観ましたのは「修声会20周年記念秋の会」

昨日観世能楽堂でお友達と伺いましたのは、

「修声会20周年記念」の発表会でした。観世流シテ方能楽師、小早川修先生のお弟子さまがたの発表会です

小早川修先生のお能は、以前にこちら修能会@観世能楽堂  を観ましたところ、ちょくちょく公演ご案内を頂くようになりました。いつもご親切にありがとうございます

まだ私は仕舞は舞えませんが(謡をちゃんと謡えるようになる事が先決だからです)、いつかは舞いたいと思いました。

一番最後に能の「船弁慶」が出まして、これは、ワキに殿田謙吉さん、笛が藤田貴寛さん、小鼓が曽和正博さん、
大鼓が、私の習っております柿原弘和さんという、これを無料で観てもいいのかしら?? と目をみはる顔ぶれでした。
おシテは、小早川先生のご長男の、小早川泰輝さんです(大学生とのこと)。
さすがに、浅見真州先生のお弟子さんだけあって、非常に基本に忠実なシテぶりという印象。
…やっぱり「船弁慶」はスリルがあって良いですねo(^-^)oあの、平知盛の怨霊が、義経に迫るところがp(>∇<*川
私事ですが、「船弁慶」の、静御前が別れの舞を舞うところは、大鼓のお稽古で習いました^^

     しかるに勾践は ふたたび世をとり  会稽の恥をすすぎしも
         陶朱こうをなすとかや  されば越の臣下にて 政事を身にまかせ
           巧名富み貴とく  心の如くなるべきを 
       功なり名とげて身しりぞくは  天の道と心得て 小船に棹さして 
         五湖の煙濤を楽しむ
            かかるためしも有明の 月の都をふりすてて 西海の波濤におもむき
       御身のとがのなきよしを 嘆きたまわば頼朝も 遂には靡く青柳の
            枝を連ぬる御ちぎり  などかは朽ちし果つべき 


いや~、かなり初期の頃に習ったので、結構アタマから抜けてますが(こら)また「船弁慶」を打ちたいです♪
★小早川先生のホームページはこちらです。あら、先生もFC2 をご利用されてますのね。

  シテ方観世流 小早川家

06182.jpg

↑08年2月11日の発表会での私です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深良マユミの書籍
深良マユミがforkN にて出した書籍です。

今度、きものを着よう その2

by 深良マユミ
forkN
今度、きものを着よう その1

by 深良マユミ
forkN  
夢見ごこち

by 深良マユミ
forkN  
逆髪(さかがみ)

by 深良マユミ
forkN
朧草子(おぼろぞうし) 雪月花星雨雲光の物語

by 深良マユミ
forkN  
レニングラード

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 上巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 中巻

by 深良マユミ
forkN
クオドリベット 下巻

by 深良マユミ
forkN
ロックス・アンド・チェインズ

by 深良マユミ
forkN
僕がいなくてさびしくないの

by 深良マユミ
forkN
式子内親王

by 深良マユミ
forkN
谷崎潤一郎の密かな禁欲

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 イントロダクション

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ワシリー・カンディンスキー(後編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 江戸川乱歩

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 グスタフ・クリムト

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 円山応挙

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 ベラ・バルトーク

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(前編)

by 深良マユミ
forkN
芸術の監獄 夢野久作(後編)

by 深良マユミ
forkN
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
オートリンクネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。